初夏のイベント特集♪

えんま市

開催期間:6月14日(金)〜6月16日(日)

多くの露店が立ち並ぶ、歴史ある名物市!

200年以上の歴史を持ち、「越後三大高市」の一つに数えられる。閻魔堂(えんまどう)のある、えんま通りを中心に、約500店もの露天が約2キロにわたって立ち並ぶ。

えんま市

まき夏まつり

開催期間:6月14日(金)〜6月16日(日)

今年はディズニーの仲間たちがパレードに参加!

巻神社大祭に合わせて行なわれ、新潟市内で最も早く開催される夏まつり。「やかたおけさ」「巻甚句」を踊る民踊流しから始まり、神輿渡御、山車、花火大会などが繰り広げられ、迫力ある「やかた竿燈」が祭りを締めくくる。今年は6月16日(日)の「にしかんパレード」に、ミッキーマウスをはじめとしたディズニーの仲間たちが参加。祭りを盛り上げる。

まき夏まつり

第12回 三条クラフトフェア in 槻の森

開催期間:6月15日(土)、16日(日)

全国から作家が集結! 緑に囲まれて手作り作品に触れよう!

全国から多くのクラフトマンたちが集まり、木工品や陶芸品などさまざまなジャンルの手作り作品を展示・販売する。昨年は約4万人が会場を訪れた人気のイベントで、クラフト市としては県内最大の規模を誇る。会場は緑豊かな芝生広場なので、お弁当を広げてピクニック気分で過ごすのもおすすめ。

第12回 三条クラフトフェア in 槻の森

アオーレ! ドイツフェスト 2019

開催期間:6月15日(土)、16日(日)

ビール・車・雑貨…アオーレがドイツ色に染まる2日間!

毎年恒例となった、ドイツの食・産業・文化に直接触れることのできるイベント。本格的なドイツ料理を味わいながら専用のジョッキで飲むドイツビールは格別。ドイツ車の特別展示や雑貨・紅茶・時計・おもちゃ等の逸品がズラリと並ぶマルシェ、子どもたちが遊べるキッズパークなど、楽しい企画が満載の2日間。

アオーレ! ドイツフェスト 2019

光と遊ぶ超体感型ミュージアム 帰ってきた! 魔法の美術館

開催期間:6月15日(土)〜9月1日(日)

国内外のアーティストが手掛けた体験型アート展!

2015年開催の「魔法の美術館」がパワーアップして再登場。人影が七色になり光のショーを繰り広げたり、自分の姿から生まれたキャラクターが架空の世界を冒険したりと、鑑賞者のアクションに合わせ影、音、映像が変化する。

光と遊ぶ超体感型ミュージアム 帰ってきた! 魔法の美術館

岩室温泉 冬妻ほたる祭り

開催期間:6月15日(土)〜7月7日(日)

温泉街から徒歩5分程の山中の岩室払川で源氏ほたるが観賞できる。期間中、温泉街を燈籠で照らす灯りプロジェクトや、湯めぐりパスポート(入浴2回券1,200円)もあり、のんびり散策できる。

岩室温泉 冬妻ほたる祭り

新潟県 みそ・しょうゆ醸造まつり

開催期間:6月15日(土)、16日(日)

振る舞いやワークショップも! 県内のみそとしょうゆが集結!

新潟の発酵食文化を発信するイベント。「新潟県みそ・しょうゆ品評会」で入賞したみそやしょうゆの展示、試食のほか、手作りのインスタントみそ汁「みそまる」の製作体験やみそ汁の振る舞いも。また実施するクイズに正解すると、みそやしょうゆのプレゼントもあり(各日限定100名)。

新潟県 みそ・しょうゆ醸造まつり

じょうえつバル街 Vol.12

開催期間:6月15日(土)

マップ片手に「美食のまち上越」で飲み歩き・食べ歩き!

海と山に恵まれた「美食のまち上越」を舞台に、バル形式で食べ歩き、飲み歩き、まち歩きを楽しむ。毎回約1,000人が参加する人気イベントで、今回が12回目。行き先はマップを見ながら、約60の参加店から自由にチョイス。チケット1枚ごとにバル街限定の1ドリンク・1ピンチョスを楽しめる。

じょうえつバル街 Vol.12

竹のこまつり

開催期間:6月16日(日)

地元のねまがりタケノコや、とちもちの販売(数に限りあり)のほか、たけのこ汁やイワナの塩焼きなど旬の味覚が楽しめる。

竹のこまつり

花菖蒲まつり

開催期間:6月10日(月)〜6月30日(日)

毎年6月中旬から色とりどりの2万株の花菖蒲が咲き誇る。日中には楽しいイベントが行われ、夜は、花菖蒲の上をホタルが舞い、幻想的な世界が広がる。

花菖蒲まつり

瓢湖あやめまつり

開催期間:6月8日(土)〜6月23日(日)

瓢湖のほとりに咲く215種類50万本のアヤメを楽しむ!

瓢湖に隣接する「瓢湖あやめ園」では、215種類・約50万本のアヤメが花期を迎える。6月16日(日)に開催されるメインイベントでは、キャラクターショーやお楽しみバザー、軽飲食や特産品などの販売も。期間中は夜間ライトアップも行われる。

瓢湖あやめまつり

しばたあやめまつり

開催期間:6月7日(金)〜6月30日(日)

日本4大アヤメ園の一つ、60万本のアヤメが咲き競う!

面積1.8ヘクタールのアヤメ園に約300品種・60万本のアヤメ(ハナショウブ)が咲き誇る。見頃の時期に合わせて毎年祭りを開催。期間中は夜のライトアップのほか、土・日曜は催しもあり。

しばたあやめまつり

第13回萬代橋サンセットカフェ

開催期間:6月1日(土)〜9月29日(日)

期間限定のリバーサイドカフェが今年も登場!

信濃川のほとり「万代テラス」に期間限定でオープンするリバーサイドカフェ。萬代橋を前に、川風を感じながら絶好のロケーションでビールを楽しめる。「新潟限定ビイル『風味爽快ニシテ』」や、農家から仕入れる枝豆など料理も多彩。不定期でアマチュアライブも開催される。

第13回萬代橋サンセットカフェ

香りのばらまつり

開催期間:5月25日(土)〜6月16日(日)

バラの色と香りに包まれて優雅な1日を!

世界でも珍しい、香りにこだわった「香りのばら園」。740 品種2,400株のバラが「色彩のエリア」「香りのエリア」など7エリアに分けて植栽されている。期間中はバラの栽培講習会やバラ専門家の小山内健氏、松尾正晃氏によるガーデンツアーなどを開催。ローズカフェではまつり期間限定で赤ばらソフトクリームを販売する。

香りのばらまつり

第5回 上越オープンガーデンと花めぐり

開催期間:5月10日(金)〜6月30日(日)

色とりどりに咲くキレイな花スポット巡り!

バラなどの見頃に合わせて、上越市内で行われるオープンガーデン企画。本町、大町、寺町などの個人宅の手入れの行き届いた庭や歴史ある建物の庭を一般開放。愛情いっぱいに育てられた花々が咲き誇る美しい景色を巡って楽しもう。期間中、ウォーキングと花巡りを楽しむ、昼食付きの「上越・遠足ガーデン」も開催される。

第5回 上越オープンガーデンと花めぐり

動物ふれあい教室 サメにどきどきタッチ

開催期間:4月20日(土)〜6月23日(日)の土・日・祝日

海のギャング・サメに触れるチャンス!

全長約50センチのトラザメとその卵に触れる体験イベント。生態についての解説もある。

動物ふれあい教室 サメにどきどきタッチ

インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史

開催期間:4月13日(土)〜7月15日(月・祝)

作者の夢や思考が表現された建築の姿!

20世紀初頭から約100年にわたる“建たなかった”建築のアイデアを、国内外に所蔵される190もの図面や模型、映像などを通して紹介。約40名の建築家や美術家が手掛けた数々の構想から、新たな建築の姿も展望。

インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史