屋内イベント特集

雨でも安心♪ 屋内・室内イベント特集

Komachi Web編集部 リリー

雨の日でも天候を気にせず楽しめる屋内開催のイベントを集めました。天候の変わりやすいこの季節も屋内なら安心して楽しめますね!ぜひチェックしてみてください♪♪(編集部コメント:Komachi Web編集部 リリー)

110年記念祭〜小林呉服店創業から110年〜 春の大北海道展

開催期間:2月21日(火)〜3月5日(日)

定番の味、ぜいたくな一品 北海道のおいしい物満載の13日間!

人気店のグルメ、スイーツや、北海道ならではの味覚が並ぶ物産展。カニ、イクラなどをぜいたくに盛り付けた海鮮弁当、道産黒毛和牛を使ったメンチカツ、カニ肉入りシューマイ、ホタテの干物、いかめしなどを販売。地元素材を生かしたチーズケーキやチョコレートケーキなどの洋菓子もそろう。「白いブラックサンダー」をはじめとする人気菓子を販売するコーナー、札幌市「ラーメンの音むら」のみそラーメンを味わえる茶屋もある。

110年記念祭〜小林呉服店創業から110年〜 春の大北海道展

第9回 北区ふゆっこまつり

開催期間:2月26日(日)

親子で遊ぶ企画が満載。各種ゲームや工作コーナーのほか、フリーマーケット、ステージイベント、スタンプラリー、子育て情報コーナー、飲食販売などもあり。鉄棒教室、縄跳び大会も行われる。

第9回 北区ふゆっこまつり

LIFE vol.14

開催期間:2月25日(土)

県内作家のハンドメード雑貨や食品の販売、ワークショップも含め、2日間合わせて約40ブースを設ける。プレゼント企画、ジャンケン大会、キッズスペースもあり。

LIFE vol.14

2017 ウインターガーデニングショーinにいがた

開催期間:2月11日(土・祝)〜2月26日(日)

ガーデンやフラワーアレンジ 待ち遠しい春を先取り!

これまで開催してきた「世界の洋らん展inにいがた」がリニューアル。こびとの「コビット」が暮らす村を表現したミニチュアの世界や、庭園造りに関わるプロたちが手掛ける技を知ることができるガーデンが出現。会期中に開花するよう育てられた桜も配置されるなど、春を先取りする華やかな内容が満載。また、一般募集した作品のコンテスト、特別ゲストによる講演会も実施。県内外グルメの物産展や、園芸用品などがそろう即売会もある。

2017 ウインターガーデニングショーinにいがた

冬のオーダースイーツブッフェ

開催期間:1月8日(日)〜2月26日(日)

「ル レクチェのキャラメリゼ」「クレームダンジェ ミカンとヨーグルトのソース」など、冬ならではのスイーツをオーダー制ビュッフェスタイルで楽しめる。

冬のオーダースイーツブッフェ

蒼樹うめ展 in 新潟

開催期間:2月18日(土)〜4月23日(日)

蒼樹うめが生み出す作品の魅力を紹介!

漫画「ひだまりスケッチ」や、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」(BSN)のキャラクター原案で知られる蒼樹うめの漫画原稿やイラストのほか、設定資料やデザイン画、今回の展覧会のために描き下ろした作品などを前後期に分け展示する。会場限定オリジナルグッズの販売や、蒼樹本人の音声ガイド案内などもあり。

蒼樹うめ展 in 新潟

山上たつひこ 原画展 〜「文藝別冊 山上たつひこ」出版記念〜

開催期間:2月9日(木)〜4月11日(火)

巨匠・山上たつひこの魅力に触れる展覧会!

代表作品「がきデカ」などで戦後のギャグ漫画を一新した、山上たつひこの作家生活50年間を、約70点の原画とともに振り返る。会場では「がきデカ」の展示会オリジナルTシャツや一部の展示原画を販売。そのほか、新潟市マンガの家パートナーショップとの新潟オリジナルコラボメニューも販売予定。

山上たつひこ 原画展 〜「文藝別冊 山上たつひこ」出版記念〜

第7回 Myコレクション展

開催期間:2月4日(土)〜3月4日(土)

津南町民ら個人コレクターが集めたさまざまなコレクションを一堂に展示。

第7回 Myコレクション展

冬こそ日本海! てらすいは冬がお得!

開催期間:1月7日(土)〜2月28日(火)

冬の水族館を楽しむおトクなキャンペーン!

冬季限定キャンペーンを実施中。中学生450円、小学生350円、3歳以上の未就学児200円の通常入館料が、期間中に限り中学生以下無料に。同期間の土・日曜・祝日には、14時ごろから日替わりの催しを実施するほか、2月の毎週日曜15時にはマリンガールによる魚の餌付けショーに、消防ダイバーが特別出演する。

タイトル

「錯覚展」―不可能立体の不条理世界―

開催期間:1月7日(土)〜2月28日(火)

別の形に見える!? 錯覚の不思議を体感しよう!

東京大学名誉教授で、明治大学特任教授を務める杉原厚吉氏が制作した、実際とは違うように見えてしまう「錯視作品」を展示。立体で作れないはずのだまし絵のような「だまし絵立体」、鏡に映すと姿が変わる「変身立体」など、さまざまな種類の錯覚現象の仕組みを、数学を用いた理論で解説する。

「錯覚展」―不可能立体の不条理世界―
Komachi Web編集部 リリー

この時季ならではのイベントを楽しもう♪
矢印冬のイベント特集をチェック! (編集部コメント:Komachi Web編集部 リリー)