2019.09.09

初期の乳がん治療記録 – 手術後から退院まで、帰宅後の様子

 今回は手術が終わったあとの入院生活についてお送りします。あっという間の5泊6日でした。


乳がん手術後の入院生活


入院3日目:術後1日


  • 3本目の点滴がなくなり次第、点滴終了
  • 尿の管を抜く
  • 抜いたあとはトイレ使用可、病院内を自由に行動OK
  • 手術創に問題がなければ朝から食事開始

 朝から食事開始。まだベッドからは降りられないので歯磨きや洗顔はベッドの上で行う。午前中に回診、点滴も終了。その後、尿道カテーテルを抜いたり着替えたりする。カテーテルが入っている間は思ったよりすっきりしないらしい。


 貧血やめまいを起こすことがあるため、カテーテルを抜いた後の最初のトイレは看護師さんに付き添ってもらう決まり。ナースコールで看護師さんを呼んでからトイレへ。普段飲んでいる血圧の薬も再開。
 カテーテルが取れたら病院内の行動OK。一気に自由度があがる。でも実際はトイレまでが精一杯な感じ。食事は自分で取りに行くシステムだが、数日間は看護師さんが運んでくれた。


 この日はうつらうつら睡眠→看護師さんが来たら起きる、という感じで過ごす。熱は下がる。付き添いをしていた私は売店で飲み物を購入、冷蔵庫に補充して離脱。


 夕方、担当医による診察。「切ったものをより詳しく調べ、どんな顔つきのがんなのかなのかがわかってから今後の治療方針を決定する」「退院後の外来は翌週、早ければ病理検査結果は出てるかも」「放射線治療は創部が直ってから」等の説明を受ける。


 夜、一度深く眠れてから少し楽になったので、談話室まで歩いてみたとのこと。


入院4日目:術後2日


  • 創部のテープを剥がす
  • 手術創を濡らさないようにすれば下半身シャワー・シャンプー可

 テープが取れたため、キズが見えるように。痛みは昨日よりかなり軽くなったとのこと。


 浴室の予約をし、シャワーとシャンプー。ひとりでできた模様。この日は見舞客がチラホラ。


入院5・6日目(退院日):術後3・4日


  • リンパ液が溜まる場合は注射器で抜く場合あり
  • 手術創をこすらないようにすれば全身シャワー可能

入院5日目・術後3日

 リンパ液の流れを良くする運動のビデオを見たり、冊子を渡されたりする。「リンパ浮腫(むくみ)はセンチネルリンパ節・腋窩リンパ節の切除をしなくても起こ

引用元
icoro
icoro
icoro
新潟を拠点にDIYしてみたり、旅行してみたりしているブログ。メルマガをまとめた電子書籍「いころ放談」も意外と人気。いつのまにかあなたの生活に忍び寄っている、icoro(イコロ)です。

icoroからの
おすすめニュース

過去のニュース

最新号のご案内

  • ハウジングこまち 2019夏・秋号

    ウチとソトのいい関係

  • 月刊 Komachi10月号

    新潟ラーメン最前線!

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!