2019.09.09

「トキ鉄を全国区に」鳥塚亮氏が新社長に就任 記者会見で方針など述べる

えちごトキめき鉄道(本社・新潟県上越市)は2019年9月9日、上越文化会館で臨時株主総会を開き、社長に内定していた鳥塚亮氏(59)が代表取締役社長に就任した。



2代目の社長に就任した鳥塚氏は、千葉県・いすみ鉄道再建での実績と、ユニークなアイデア、情報発信力が評価され、新社長に応募した81人の中から選ばれた。


鳥塚氏は「私は社長室から出て、東南アジアの人を含め、全国の人にトキ鉄と聞いたらピンとくるようにするのが仕事。トキ鉄沿線が全国区になれば、特産品も売れる。インフラの使命として、地域をどう利するかが問われている」などと抱負を述べた。


同日付で退任した嶋津忠裕元社長(74)は、「(鳥塚社長に)コスト削減や、雪月花の運行本数の増加、一般客の増加や関連事業収入の増加に期待したい。いすみ鉄道を有名にした実績があり、本当に素晴らしい方に来ていただいた」と期待を述べた。



一問一答


記者会見での一問一答は次の通り。


社長に応募した理由は。


鳥塚 直江津は新潟県の鉄道発祥の地。先人が脈々と築き上げて運営してきた鉄道として魅力に感じる。鉄道を大事にするということは、歴史も大事にすることだと思う。それが魅力であり、開拓していく部分だと考えている。


トキ鉄でどんなことをやりたいか。


鳥塚 まだ、地域にどのような人が住み、会社にどんな人材がいるかも分からない。地域鉄道は地域あってのもの。地域の力を知った上で、その力を発揮してもらうためのコンダクター(指揮者)が社長の役割だと思う。


経営状況をどのようにみているか。


鳥塚 第三セクターの鉄道会社の中で、1、2を争う赤字が出ている会社だと認識している。特急列車が走っていたかつての路線を、特急列車が走らなくなって引き受けるわけだから、黒字になるわけがない。それは並行在来線の構造的な問題。努力をして赤字を切り詰めていかなくてはならないが、それだけでは解決しない。


全国で地域輸送が人口減、少子化でボリューム的に少なくなっていく。しなの鉄道、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道などと違い、ここだけは県庁所在地を通っていない並行在来線なので乗客の数が限られる。それをマイナスと考えるのではなく、逆にプラスにできたらいい。高田に住居

引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • ハウジングこまち 2019夏・秋号

    ウチとソトのいい関係

  • 月刊 Komachi10月号

    新潟ラーメン最前線!

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!