2019.06.12

「から揚げ定食」の戦国時代到来? から揚げ専門店「からやま」上越店 6月14日にオープン

新潟県上越市栄町の上越大通り沿いに2019年6月14日、鶏から揚げ専門店「からやま」上越店がオープンする。国内63店舗、海外に8店舗(2018年12月現在)と急速に店舗を拡大中のFC店で、上越店は長岡店に続き県内2店目。




メニューはすべて、もも肉やササミなどの鶏肉を使ったから揚げで、店内での飲食のほか、全品持ち帰りができる。から揚げは1個が約50gもあり、皮がパリッとして肉汁たっぷりなのが特徴だ。


定番の「からやま定食(梅)」は、から揚げ4個と野菜、ご飯、みそ汁が付いて637円。ご飯の大盛りは無料。から揚げが5個、6個の定食もあり、名物の「デカ盛り定食」(2149円)は、から揚げが20個(約1kg)も付く超大盛り。


上越店の関本寛紀店長は「“極ダレ”以外はニンニクを使っていないので、子供も食べられる万人向けの味。肉汁がたっぷりのから揚げを味わってほしい」と話す。熱々のから揚げを少ない待ち時間で提供するのも特徴で「ピーク時で5分、それ以外では7分を目指している」という。


オープンの6月14日〜16日の3日間は、「からやま定食(梅)」「ネギ極ダレ丼」「ネギ塩極ダレ丼」「からたま丼」の4品のみの販売で、いずれもワンコインの500円となる。


上越店はカウンター17席、テーブル8台で、計41席。駐車場は21台。営業時間は午前10時30分〜午後11時。予約は、電話025-520-9005。公式サイトは(http://karayama.com/)、地図はここ。


「から揚げ定食」は戦国時代到来?


上越市内ではバロー上越店内の「金のとりから」や、木田の「とりからKING 上越店」といったから揚げのテイクアウト店があるが、最近は店内で飲食できる店が増えてきた。


飯の山麓線沿いにある居酒屋「とりごこち上越店」が今年4月、から揚げをメインにしたランチを始めた。から揚げ定食「とりごこち定食」(637円)、「おろしポン酢定食」(745円)などがある。から揚げは5個で、ご飯(おかわり無料)、みそ汁、小鉢付き。「超メガ盛り定食」は、から揚げ12個入りで1058円。電話050-3374-5406。


地元店では、昨年11月に春日山町1に移転した「和食処 鶴一」の

引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • ハウジングこまち 2019冬・春号
  • 月刊新潟Komachi2019年7月号
  • 最強の新潟ラーメン本
  • ハウジングこまち 2019冬・春号

    30代の夫婦が建てた大満足の家

  • 月刊 Komachi 7月号

    幸せになれる、甘いもの。

  • 最強の新潟ラーメン本

    圧倒的ボリューム!ラーメンムックの決定版が誕生

ログインして
もっと便利に!