2019.07.10

上越市立水族博物館「うみがたり」のマンボウ死ぬ

新潟県の上越市立水族博物館「うみがたり」で2019年6月から生体展示されていたマンボウが7月10日午前8時25分、死んだ。同日、同館が発表した。現在のところ死因は不明で、同館は「今後解剖を行い、原因究明に努めたい」としている。



死んだマンボウは体長約102cm、体重約50kgで、相模湾の横須賀市大楠漁業協同組合の定置網に入った個体。先月6月17日から同館で初めて生体展示され、話題となっていた。


同館によるとマンボウは8日から餌を食べなくなり、獣医や飼育スタッフが処置に当たってきたが改善しなかった。


マンボウは水中での水流の速度や方向などを感じ取る「側線」という感覚器官が弱く、水槽の壁や岩にぶつかってけがをし、それが原因で死ぬことも多く飼育が難しい。うみがたりではダイバーが潜って岩にぶつからないように注意するなどしていたという。


うみがたりでは「難しいマンボウの飼育に挑戦し、いろいろな工夫をしたが力及ばす死んでしまい残念。約3週間だったが、この経験を生かし、さまざまな生き物の飼育を行っていきたい」としている。


関連記事



◇マンボウを初めて生体展示 上越市立水族博物館うみがたり(2019年6月30日)
https://www.joetsutj.com/articles/40059675

引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • ハウジングこまち 2019夏・秋号

    ウチとソトのいい関係

  • 月刊 Komachi 8月号

    この夏、食べたいスパイシーグルメ

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!