●ご挨拶●

当クリニックでは皮膚科・形成外科・美容皮膚科を中心に診療を行っております。

皮膚疾患治療の多くは塗り薬や飲み薬が主体となりますが、なかには手術治療を必要とする場合も多く、その傷あとの盛り上がりやひきつれに悩む患者様も少なくありません。

私はこれまでの治療経験等を生かし、従来の一般皮膚科診療はもちろんのこと、これに形成外科・美容皮膚科を加えることで患者様の満足度を高めていきたいと思っております。

私のふるさと新潟のみなさまに恩返しできるよう、地域医療に微力ながら貢献する所存でございます。スタッフと共に精一杯頑張って参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。


●院長紹介●

院長 風間 健太郎

日本皮膚科学会認定 正会員

日本形成外科学会認定 形成外科専門医

日本臨床皮膚外科学会認定 専門医

日本レーザー医学会認定 認定医


新潟市生まれ。新潟高校卒業。

'95年、国立福井医科大学卒業、新潟大学泌尿器科学教室入局。新潟大学附属病院、長岡中央綜合病院、長岡赤十字病院、小千谷総合病院、上越総合病院など、新潟県内の病院で診療にあたる。

'96年〜聖マリアンナ医科大学形成外科学教室。医局助手、高度救命救急部熱傷センター部長として、全身熱傷管理/手術、培養表皮移植、頭頸部腫瘍再建、乳房再建、マイクロサージャリー、顔面外傷/骨折、手足の先天異常、レーザー治療、美容外科などを学ぶ。

'02年〜皮膚科開業医療法人の副院長として、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、ニキビ、乾癬、細菌/ウイルス/真菌感染症、皮膚腫瘍をはじめとする1日200人以上の皮膚疾患の治療にあたる。