公開日2019.07.02
最終更新日2019.07.02

インドネシア出身オーナーが作るアジア料理が魅力 「マナカフェ」

インドネシア出身オーナーが作るアジア料理が魅力 「マナカフェ」
公開日2019.07.02
最終更新日2019.07.02

インドネシア出身オーナーが作るアジア料理が魅力 「マナカフェ」

本場のスパイスを使った多彩なアジア料理を提供する「アジアン食堂 マナカフェ」が阿賀野市にオープンしました。ホテルでの調理経験を持つ、インドネシア出身のオーナーが作るアジア料理が魅力です。


タイやベトナムといった現地のスパイスを使った、「ナシゴレン」や「トムヤムヌードル」などのランチセットも好評!


シンガポールの定番料理「海南チキンライス」は、本場の辛味調味料・サンバルソースをつけて食べてみて。


パリパリの食感を楽しめる、揚げ春巻きなどの一品料理もそろっています。話題の「タピオカミルクティー」(540円)もおすすめ。


吹き抜けの窓から差し込む光が心地いい店内には2階席もあります。



[写真1枚目]
シンガポールの定番料理・海南チキンライス(1,166円)。

[写真2枚目]
パリパリの食感を楽しめる揚げ春巻き(918円)などの一品料理も。

[写真3枚目]
吹き抜けの窓からの採光が心地いい店内。

[写真4枚目]
国道49号線沿いに立つ、白と深緑の片流れ屋根の建物が目印。


【メニュー】
・ガパオガイ 950円
・チキンフォー 950円
・本日のスイーツプレート 648円



店名:アジアン食堂 マナカフェ
住所:阿賀野市野地城271
TEL:0250-25-7793
営業:11時30分〜15時(14時30分L O)、18時〜21時(20時30分LO)
定休:木・日曜
席数:40席
駐車場:約8台
この記事を書いた人
CunCun3

新潟生まれの新潟育ち。なんだかんだでずっといる。いつもどこかへ出かけたくてしょうがない。イカとお好み焼きが好き。主に感覚で生きていて、気になったことへは野生の瞬発力で飛びつく。右と左がよく分からなくなる。

注目記事ランキング

最新号のご案内

  • ハウジングこまち 2019夏・秋号

    ウチとソトのいい関係

  • 月刊 Komachi 8月号

    この夏、食べたいスパイシーグルメ

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!