公開日2019.07.16
最終更新日2019.07.17

新潟の鮮魚を内陸県へ。『角上魚類 高崎店』が36年目の新装開店

新潟の鮮魚を内陸県へ。『角上魚類 高崎店』が36年目の新装開店
公開日2019.07.16
最終更新日2019.07.17

新潟の鮮魚を内陸県へ。『角上魚類 高崎店』が36年目の新装開店

群馬県高崎市にある鮮魚専門店「角上魚類 高崎店」が7月12日、同敷地内にリニューアルオープンした。

オープン初日の朝には開店待ちの客が行列を作り、開店と同時に店内は満員に。すし・刺し身・鮮魚などを求める客でにぎわった。

角上魚類は首都圏や信越地区に22店舗を展開。新潟・寺泊港、東京・豊洲市場などから、その日に獲れた鮮魚を店舗へ直送・販売する独自のシステムを構築しており、高崎店は関東圏での第1号店舗として1984年にオープン。以来、内陸県である群馬県において、新潟ほか全国の鮮魚が手に入る貴重な存在として地元客に親しまれてきたが、今回、「群馬県の魚食文化をさらに高める一助でありたい」、「高崎店は関東圏の第1号店。特別な強い思いがある」(柳下社長(※))との思いから、オープン36年目の大規模改装に至った。

東京五輪が開催される2020年を控え、世界から再注目されているという日本の魚食文化。新潟発の企業として、日本中・世界中に魚食文化を発信する存在として、同社はますます注目を浴びる存在になりそうだ。

※「柳」の字は、木へん+「夕」+「卩」

店名 : 角上魚類 高崎店
住所 : 群馬県高崎市貝沢町1335-1 角上生鮮市場内
TEL : 027-353-1114
営業時間 : 10時〜19時30分 ※日曜日・祝日 9時30分開店
駐車場 : 150台
店舗売場面積 : 315.39u(95.41坪)
関連コーナー:新潟グルメガイド
この記事を書いた人
ひよこD(Komachi Web和田改め)

小千谷市出身。独身。最近うれしかったことは『晩ごはん抜くザップ』で8キロ痩せたことです。書くことが好き。小さい頃は忍者になることとミニ四駆になることが夢でした。

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!