公開日2019.09.11
最終更新日2019.09.12

菊酒の振る舞いも!お月見イベントで湊の夜景と中秋の名月を愛でよう

菊酒の振る舞いも!お月見イベントで湊の夜景と中秋の名月を愛でよう
公開日2019.09.11
最終更新日2019.09.12

菊酒の振る舞いも!お月見イベントで湊の夜景と中秋の名月を愛でよう

9月14日(土)新潟市中央区の入船みなとタワー広場で、お月見イベント「月待ち湊」が開かれます。このイベントは、中秋の名月に合わせて新潟西港河口の夜景と月があがる瞬間を楽しもうと、地元の有志で2004年から始まった催し。今年の開催日14日(土)はちょうど満月で天気予報は晴れ!18時18分頃の月の出より、くっきりした満月を望むことができそうです。

会場では「菊酒」が振る舞われます。「菊酒」は9月の節句にいただく風習があり、菊の花びらを浮かべた日本酒。あられに砂糖がコーティングされた新潟市の銘菓「ゆか里」や、村上市で親しまれている駄菓子などもいただけます。ほかにも、おにぎりや団子、茄子漬けやクラフトビールを販売する店も並び、大人も子どももお酒やお菓子を楽しみながらお月見を楽しむことができます。

18時〜と19時〜は、アコーディオンの演奏も。20時頃〜は新潟市に活動拠点をおく「佐渡おけさ踊り隊」による踊りが祝祭を麗しく盛り上げ、来場者も一緒に踊ることができます。また先着300名には光るブレスレットをプレゼント。手首につければひと粒の光がホタルのように会場を彩ります。

月とお酒と音楽と踊り。心地よい秋風の中、美味しいものを食べながらゆっくりと満月を堪能できる一夜になりそうです。

【ふるまい】
●菊酒のふるまい
菊の花びらが浮かぶお酒や村上市産の清酒が振る舞われます。
●懐かしいお菓子のふるまい
下町のお菓子屋さんで昔ながらの製法で作りつづけている「ゆか里」や村上市で親しまれている駄菓子など。

【月見茶屋】
●毎年大好評!弥次郎農園の茄子漬け、新米おにぎりの販売
●老舗餅屋・田中屋本店のしょうゆ団子など販売
●発酵の町 沼垂ビールのクラフトビール

【令月にささげる調べ】
●アコーディオンの演奏 18時〜、19時〜
(新潟市在住のアコーディオン奏者 田中トシユキ氏による演奏)
●「佐渡おけさ踊り隊」による踊り 20時頃〜

■月待ち湊
開催日時:2019年9月14日(土)17時〜20時30分(荒天の場合は中止)
会場:入船みなとタワー広場(新潟市中央区海辺町一番町)
料金:入場無料
駐車場:35台(無料)
アクセス:新潟交通バス停「入船営業所」から徒歩約10分
問い合わせ先:080-6542-3817(NPO法人にいがた湊あねさま倶楽部)

※当日の天候などにより演奏時間、開催内容は変更もあり

画像/第66回新潟市観光写真コンクール「入選」
【撮影日】平成29年9月9日【撮影者】中野金吾
この記事を書いた人
wanco

穏やか犬とやんちゃウサギ、思春期男子に揉まれる新潟っコ。活力源は帰宅直後にキッチンで飲むビール。一人旅、一人映画、一人ライブ、一人ラーメン、一人ランチ、孤高の街レポをお届けします!

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!