街ネタ
2017.11.21 10:37

「民泊新法」勉強会開催のお知らせ

加茂農泊推進協議会が民泊勉強会開催の情報をリリースしました。
以下、運営・企画元からリリースされた詳細情報です。


加茂農泊推進協議会は、地域(農山村)での収穫体験と宿泊の事業に取り組んでおり、その事業取り組みの準備のため、来年6月15日に施行される「住宅宿泊事業法」の勉強会を先日(11月7日)開催しました。
その勉強会の第2回・3回をこの度開催します。興味のある方はお集まり下さい!


「第2回民泊新法勉強会」

[開催趣旨]

第1回の「住宅宿泊事業法(民泊)」勉強会の内容をふまえ、他県では一部条例案が検討され公表されているそれらの条例案について説明する機会を設けました。
併せて、加茂農泊推進協議会での宿泊・体験に係わる保険についても勉強会を行います。

[開催日時]
平成29年11月27日(月)
16時~18時

[開催場所]
長谷川工務店(加茂市矢立4-30)

[定員]
25名

[内容]
「リスクマネジメントと保険」
・民泊新法の動向
・民泊新法の条例案
・加茂農泊推進協議会について(訪日外国人の受入れについて)

 

「第3回民泊新法勉強会」

[開催趣旨]
加茂農泊推進協議会では受入対象者として、日本国内旅行者だけでなく、「訪日外国人旅行者」も考えています。観光庁はじめ多くの関係機関から、「訪日外国人旅行者」に関する調査が出されていますが、訪日外国人側からの主体的な旅行に対する考え方があまり見受けられません。
今回の研修では、訪日外国人からの旅行に関する考え方、日本に求めているニーズを講演して頂き、勉強会を開催します。

[開催日時]
平成29年12月21日(木)
16時~18時

[開催場所]
新潟経営大学

[内容]
「インバウンド勉強会」
・訪日外国人旅行の動向
・訪日外国人の特徴
・訪日外国人が求めるものは。

[講師]
・市川崇規
ユニコム社社長(アメリカ サンフランシスコ)、米国国務省認定通訳者

・出口高靖
新潟経営大学 観光経営学部教授


—加茂農泊推進協議会について—
本協議会は、新潟県の地域資源を生かした新たな観光の普及を目指し、農業体験を通して首都圏から加茂への観光入り込みを実践する「かやもり農園(代表 萱森教之)」と「加茂市(市長 小池清彦)」、地元学府として地域活性化人材の育成に努める「新潟経営大学(学長 渡辺保)」ならびに月刊新潟Komachi・月刊新潟WEEK!など雑誌やインターネットで地域の生活情報を発信する出版県内最大手「株式会社ニューズ・ライン(会長 若林修一)」の4団体が事業主体となり、平成29年6月に発足しました。