今週のおすすめイベント

鳥屋野潟公園shumoku weekend park「パーク」

開催期間:10月25日(日)

鳥屋野潟公園で朝ごはん&ランチを楽しめる新企画

新型コロナウイルスの影響を受ける中でも「おいしい朝ごはん」を食べてほしいと開催され好評を博したドライブスルーイベントの運営メンバーが立ち上げた新企画。今回は、新型コロナウイルスの感染症に配慮しつつも、鳥屋野潟公園 鐘木エリアの多目的広場で、朝ごはん&ランチを楽しめる内容に。提供メニューの詳細は備考欄のホームページを参照。さらに、当日はスケートボードやBMXを楽しめるパンプトラックが1日限りで登場。園内にいるカマキリを見つけるとタオルをもらえる「カマキリ祭り」も同時開催される。

鳥屋野潟公園shumoku weekend park「パーク」

日本のおいしいもの展

開催期間:10月21日(水)〜11月3日(火・祝)

第2弾では「全国縦断お土産まつり」も!

全国のおいしい逸品がそろう物産展。第一弾では、初出店の15店舗を含む総勢58店舗が登場。「千疋屋総本店(東京)」の人気商品・バナナオムレットや季節商品のマロンプリン、会場で職人が焼き上げる「利久(宮城)」の牛たん弁当、新潟県内初登場となるA5ランクの黒毛和牛を使った焼きたてカレーパン専門店「もとむのカレーパン(沖縄)」など、注目商品が目白押し。28日(水)からの第二弾では9店舗が入れ替わり、総勢42店舗に。さらに、47都道府県のお土産がそろう「全国縦断お土産まつり」も特別企画として開催。全国から301店舗のお土産が登場する。

日本のおいしいもの展

秋の収穫感謝祭

開催期間:10月24日(土)、25日(日)

動植物や食、物作りを楽しみながら学ぼう!

いくとぴあ食花の4施設で開催する秋恒例のイベント。植物や食について学ぶ各種体験、アルパカやヒツジといった動物との触れ合い、工作、物販など、子どもから大人まで楽しめる催しが盛りだくさん。

秋の収穫感謝祭

第15回 越後・謙信SAKEまつり2020

開催期間:10月24日(土)、25日(日)

オンラインで限定酒などを販売、動画コンテンツの配信も!

上越地域の酒造り文化を紹介するイベントとして、上越地域の日本酒をはじめ、ワイン、どぶろく、地ビールなど「SAKE」を一堂に集め、開催されてきた「越後・謙信SAKEまつり」。今年は形を変え、オンライン開催に。すでに限定酒やお得な福袋などを販売する「越後・謙信SAKEまつり公式オンラインショップ」が開設されているほか、当日は生中継による乾杯式やお楽しみ動画コンテンツの配信を行う。

第15回 越後・謙信SAKEまつり2020

新潟ふるさと村 クラフトフェア

開催期間:10月24日(土)、25日(日)

厳選されたハンドメイド品が全国から集合!

“本物のものづくり”を目指すクラフトマンたちの作品が集まる恒例イベント。木工、ガラス、染色、アクセサリーなど、県内外の作家の作品を展示販売する。

新潟ふるさと村 クラフトフェア

ブナフェス2020

開催期間:10月24日(土)

ワークショップやアクティビティで里山の魅力を再発見!

上越市大島区にある「大島庄屋の家」をメイン会場に、自然豊かな里山の雰囲気を満喫できる体験、アクティビティ、音楽ステージが行われるほか、飲食などの出店もある。当日は、組数限定で普段はキャンプすることができない「ぶなの森」と「庄屋の家」でのキャンプ泊も可能。

ブナフェス2020

がたふぇす Vol.11(第11回にいがたアニメ・マンガフェスティバル)

開催期間:10月25日(日)

今年はすべてのステージイベントをライブ配信!

多くのマンガ家・アニメクリエーターを輩出する新潟市で開催するマンガ・アニメの祭典「がたふぇす」。今年は新型コロナウイルス感染症対策を考慮した内容に。メイン会場となるりゅーとぴあではオープニングステージやトークショーなどが行われるが、その全てのステージを公式YouTubeチャンネルでライブ配信。無料で視聴できる。詳細は下記公式ホームページを参照。

がたふぇす Vol.11(第11回にいがたアニメ・マンガフェスティバル)

第1回 訳ありマルシェ

開催期間:10月25日(日)

行き場を失った業務用食材を特価販売!

新型コロナウイルス感染症の影響で行き場を失った(=訳あり)食材を中心に、価格で販売。混雑を避けるため、車1台を1組、1回に入場できる組数を最大20組までとし、15分ごとに交代するスタイルで実施。在庫がなくなり次第終了となる。

第1回 訳ありマルシェ

Good Good Morning

開催期間:10月18日(日)、25日(日)

人気飲食店で朝ごはんを楽しめるスペシャルなイベント!

「白山市場 DE 朝食を」をプロデュースしたpentagONE(ペンタゴン)がウィズコロナ時代の新しい生活様式に合わせて開催。人気飲食店の各店舗でオリジナルの朝ごはんを楽しめる。

Good Good Morning

阿賀町メガ盛りフェスタ2020

開催期間:10月15日(木)〜12月15日(火)

今年は“おひとりさま”用のメガ盛りに!

阿賀町の参加飲食店で期間限定のメガ盛りメニューを提供する、今年で4回目となる本企画。例年、複数人数でのシェアOKとしていたが、今年は新型コロナウイルス感染症予防の観点から、各店“おひとりさま”専用のメガ盛りメニューに変更。味にも見た目にもこだわった各店自慢の大盛りメニューが登場する。また、チャレンジメニューとして、制限時間内に完食すると、特典がある店舗も。さらに、今年は新潟市や阿賀野市にある、阿賀町出身の店主が営むお店とも連携。メガ盛りの輪を拡大する。

阿賀町メガ盛りフェスタ2020

里山フードフェスタ 2020 秋の新米 Ver.

開催期間:10月10日(土)〜11月1日(日)

新米をはじめ里山の秋の恵みを堪能!

越後妻有エリアのイベント「『大地の芸術祭』の里 越後妻有2020秋」の一環として行われる本企画。まつだい「農舞台」の「越後まつだい里山食堂」では新米を引き立てる地場産野菜のおかずと豚汁がセットになった「新米と具だくさん豚汁のセット」を提供、屋外では期間中の土・日曜に、棚田を舞台にした作品・カバコフの「棚田」を眺める特設テントで「秋香る新米BBQ」を開催する。そのほか、新米の量り売りなども行う。

里山フードフェスタ 2020 秋の新米 Ver.

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2020秋

開催期間:10月10日(土)〜11月1日(日)

アートと共に新米や秋の景色を!

シーズンごとに異なる里山の風情とアートを楽しめる「大地の芸術祭」の里。秋は、とれたての新米の食事や紅葉などの秋景色とアート作品とのコラボレーションなど、越後妻有地域を巡るのにもってこいのシーズン。「共通パスポート」は、多数の施設が利用でき、プレゼントがもらえるスタンプラリーやエリア内(十日町市・津南町)の飲食店や温浴施設で利用できるクーポンが付いてお得。オフィシャルツアーも再開される。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2020秋

2020年苗場ドラゴンドラ紅葉営業

開催期間:10月10日(土)〜11月3日(火・祝)

約25分間の空中散歩で雄大な景色を堪能して!

片道約25分の道のりをアップダウンしながら進んでいく、日本最長5,481メートルのゴンドラ。一番の絶景ポイントでは、紅葉の中に飛び込んで行くような急降下を体感できる。

2020年苗場ドラゴンドラ紅葉営業

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

開催期間:10月10日(土)〜12月6日(日)

豊かな色彩、繊細な文様。ブリュックの魅力を一堂に!

愛らしい図柄の陶板や迫力あるモザイク壁画など、陶芸の既成概念にとらわれない作品を作り出した、フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュック。陶を中心に、テキスタイルや版画を含む約200点を展示する。

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

特別展 ミイラ 「永遠の命」を求めて

開催期間:10月10日(土)〜12月23日(水)

最新科学で明らかになった実像や死生観に迫る!

世界各地のミイラ、副葬品、多様な資料を展示し、ミイラの実像や人類の多様な死生観などに迫る展覧会。最古の人のミイラが発見された南米アメリカをはじめ、古代エジプト、東アジアなど、地域ごとに紹介する。

特別展 ミイラ 「永遠の命」を求めて

第13回へぎそばの里越後十日町「地そば」まつり

開催期間:10月5日(月)〜11月30日(月)

今年はへぎそば店を巡るスタンプラリーやへぎそばを楽しむ会を実施

十日町・津南地域の参加へぎそば店や、道の駅クロステン十日町のおみやげ館を巡るスタンプラリーを開催。スタンプは、エフエムとおかまちのフリーペーパー『ORADOKO 10_11月号』掲載のスタンプ帳に押印。集めるスタンプ数は14個(そば店13個、乾麺セット(クロステンのおみやげ館で販売)1個)で、制覇者全員にオリジナルTシャツのプレゼントがあるほか、抽選で1名にはへぎそばの「へぎ」が当たるチャンスも。

第13回へぎそばの里越後十日町「地そば」まつり

村上どんぶり合戦 2020年 秋・冬編

開催期間:10月1日(木)〜3月31日(水)

村上の美味いものを一杯に! 各店自慢の丼ぶりメニューが勢ぞろい

村上特産のサケや村上牛、日本海の旬の幸などの地のものを使った丼ぶりをはじめ、その店の個性を生かした一杯など、村上市内の参加26店舗で各店入魂の一杯を味わえる。また、JR村上駅の協力で、茶処や菓子店を巡る「村上茶めぐり」企画が同時開催される。参加店やメニューの詳細は下記ホームページからチェックを。

村上どんぶり合戦 2020年 秋・冬編

南魚沼、本気丼キャンペーン

開催期間:10月1日(木)〜2021年2月28日(日)

各店の“本気”が光る丼ぶりメニューで南魚沼のコシヒカリを堪能

南魚沼市内の51の参加店で、各店の“本気”が詰まった丼ぶりメニュー「本気丼(マジドン)」が登場する。メニューは肉や魚をふんだんに盛り込んだものや創意工夫を凝らしたもの、お店の特色を前面に押し出したものなど店舗によってさまざま。どの丼ぶりも、この地域自慢の南魚沼産コシヒカリを存分に味わえる。今年は新米の季節にスタート。本気丼でとれたての南魚沼産コシヒカリを堪能しよう。

南魚沼、本気丼キャンペーン

LIVE! KOUBA(生きろ、KOUBA) -燕三条 動画と配信- 工場が発信する1ヵ月

開催期間:10月1日(木)〜10月31日(土)

燕三条の“KOUBA”からオンライン配信

燕三条とその周辺地域のものづくりの現場を見学・体験できるイベントとして2013年から行われてきた「燕三条 工場の祭典」。今年は新型コロナウイルスの影響により中止となった。新たな取り組みとして、「LIVE! KOUBA -燕三条 動画と配信-」のタイトルのもと、ものづくり現場の製造風景などを1カ月にわたり配信。「和釘」「塗装」「研磨・絞り」「食器」などからなる23のカテゴリーを、朝は動画、午後はライブで配信する。

LIVE! KOUBA(生きろ、KOUBA) -燕三条 動画と配信- 工場が発信する1ヵ月

ナゾトキアドベンチャー in メディアシップ 消えたミイラの秘宝

開催期間:10月1日(木)〜12月20日(日)

大人も子どもも楽しめる体験型謎解きイベント

メディアシップで初開催される体験型謎解きイベント。隠された謎を解き明かし、ミイラの秘宝を手に入れるゲーム。参加者全員に、メディアシップ館内で使えるお得なクーポン進呈などの特典があり、ゲームクリア者にはエクストラコンテンツ(800円)にチャレンジする権利が与えられる。小学校中学年程度の日本語の読み書きができれば、開催時間中、いつでも誰とでも制限時間なく楽しめる。

ナゾトキアドベンチャー in メディアシップ 消えたミイラの秘宝

ハロウィーンランチ&秋の味覚ブッフェ

開催期間:10月1日(木)〜10月31日(土)

銀鮭三昧のシェフサービスをはじめ、きのこ、栗、かぼちゃなど、秋の味覚を中心としたランチとスイーツを提供する。10月24日(土)からはスイーツがハロウィーン一色に。

ハロウィーンランチ&秋の味覚ブッフェ

人と植物のかかわり チョコレート

開催期間:9月16日(水)〜11月23日(月・祝)

チョコレートの原材料となる「カカオ」ってどんな植物?

世界中で食べられている「チョコレート」に焦点を当てた企画展。原材料となるカカオは、どのような植物なのかを植物学の観点から解説するほか、栄枯盛衰の歴史や、商品になるまでの生産、製法などを紹介する。

人と植物のかかわり チョコレート

鵜の浜温泉 イルミネーション

開催期間:9月14日(月)〜12月25日(金)

鵜の浜温泉ならではの人魚のイルミネーションも

「人魚伝説の温泉」として知られる上越市大潟区にある鵜の浜温泉。温泉街にある「鵜の浜人魚館」前の公園に色鮮やかなイルミネーションが登場。人魚のイルミネーションを中心に、ヨットなど、海沿いの地ならではの演出を楽しめる。

鵜の浜温泉 イルミネーション

万代島地区 低速電動バス実証運行

開催期間:8月29日(土)〜10月25日(日)

信濃川の眺めを楽しめる運賃無料の低速電動バス

万代島地区の新たな移動手段として期待される「低速電動バス」の実証運行。窓のない開放的なバスで、信濃川の心地よい川風を楽しみながらのんびり乗車できる。マスクの着用など、感染症対策へのお願いがあるので、下記ホームページから確認を。

万代島地区 低速電動バス実証運行

第15回 萬代橋サンセットカフェ

開催期間:8月15日(土)〜11月3日(火・祝)

今年も登場!川風が心地いいリバーサイドカフェ!

新潟の夏の風物詩的存在の「萬代橋サンセットカフェ」。今年は8月中旬から11月初旬にかけてのオープンに。新潟のシンボル・萬代橋を前に、信濃川の爽やかな秋風を感じながら「新潟限定ビイル『風味爽快ニシテ』」を堪能できる。

第15回 萬代橋サンセットカフェ

「つなぐ、にいがた。」観光キャンペーン

開催期間:8月1日(土)〜10月31日(土)

宿泊や県内の日帰り旅行、体験型旅行商品も割引きに

6月から実施されていた県民宿泊キャンペーンの対象期間が10月31日(土)の宿泊分までに延長。さらに、交通付きの日帰り旅行商品や、陶芸体験やマリンアクティビティなどの体験型の旅行商品の割引き支援も実施する。取り扱い旅行会社など割引き利用の詳細は、下記ホームページを参照。

「つなぐ、にいがた。」観光キャンペーン

にいがたホテル合同カレーフェア

開催期間:8月1日(土)〜10月31日(土)

新潟市内の8ホテルがカレーフェアを開催!

「にいがたを元気に! カレー県全国1位に!」を合言葉に、新潟市内の8つホテルでカレーフェアを開催。各ホテル渾身のカレーメニューを提供する。ホテル内の提供レストランなど、詳細は各ホテルへ問い合わせを。現在全国2位という新潟市のカレー消費量1位を目指す。また本企画のカレーを注文し、アンケートに答えた人の中から抽選で各ホテルのペアランチ券やキリン 午後の紅茶 おいしい無糖などが当たるなどが当たるプレゼント企画もあり。

にいがたホテル合同カレーフェア

アパリゾート上越妙高15周年企画 「2020ライトアップ」

開催期間:7月1日(水)〜11月15日(日)

15周年を記念して観賞無料!

夏から秋にかけて、長期間にわたり行われるアパリゾート上越妙高のライトアップ。新型コロナウイルス感染拡大防止に努めウイルスの収束のために従事している人たちへの感謝と、訪れる人に元気を届けられるようにという願いを込めての開催となる。また今年はアパリゾート開業15周年を記念して入場無料。約20万球のLEDイルミネーションの光とともに、屋内・屋外のプロジェクションマッピングや光の噴水など、美しい光の演出を楽しめる。そのほか、疫病退散祈願の花火を打ち上げる日もあり。

アパリゾート上越妙高15周年企画 「2020ライトアップ」

新潟ふるさと村「朝市」

開催期間:6月7日(日)〜10月25日(日)

新鮮な農産物がズラリ!鮮魚・海産物は1割引

採れたての野菜や果物、花などが並ぶ朝市を毎週日曜日に開催。鮮魚センターマリーンでは鮮魚・海産物などを一割引きで販売する(※池田ミート、惣菜などの一部商品を除く)。

新潟ふるさと村「朝市」

NIIGATA TECHNO CUBE 第5期

開催期間:6月6日(土)〜3月末頃

毎年テーマを設け、新潟県内で製造されている優れた製品に焦点を当て、高い技術力や活動理念とともに紹介する展示コーナー。5期目となる今年のテーマは「宇宙産業の発展を支える技術・製品」。JAXAに宇宙日本食として認証された亀田製菓の「亀田の柿の種(宇宙食)」や国際宇宙ステーションで採用されているツインバード工業の冷凍・冷蔵庫搭載機器など、4つの企業の技術と製品を紹介する。

NIIGATA TECHNO CUBE 第5期

30周年企画展示 「マリンピア日本海30年のあゆみ」

開催期間:4月1日(水)〜12月13日(日)

30年の歩みと魚とイルカの運び方を紹介!

開館30周年を記念した企画展示。1990年の開館から現在までの歩みを年表で振り返るとともに、現在と昔の活魚輸送車の仕組みや輸送方法の違い、実物のイルカ輸送コンテナの展示など「魚とイルカの運び方」を紹介する。

30周年企画展示 「マリンピア日本海30年のあゆみ」

越後妻有 おら丼

開催期間:12月末まで(店舗により異なる)

越後妻有地域の魅力が詰まった丼ぶりを味わおう

食材の宝庫である越後妻有地域の食材を存分に堪能してもらおうと、十日町や津南の参加20店舗で、地元の食材を使ったその店独自の“おら(私)”流の丼ぶり「おら丼」を提供。つなんポークや妻有ポーク、四季折々の地場産野菜、清津川の養殖魚などを使った各店自慢の「おら丼」を味わえる。魚沼産コシヒカリも美味しいこの地域の魅力が詰まった丼ぶり。

越後妻有 おら丼
紅葉スポット

奥只見湖

見頃:10月中旬〜11月上旬

船上から楽しめる深紅に染まる秘境の美景

山麓から山頂まで徐々に色づく紅葉を堪能できる県内屈指の絶景スポット。湖上を進む遊覧船からは赤く染まる山々や、湖面の水鏡に映る紅葉を間近に望むことができる。

奥只見湖

八海山ロープウェー

見頃:10月中旬〜11月上旬

空中散歩で楽しむ魚沼の美しい景観

全長2,217メートル、81人乗りのロープウェー。魚沼や上信越の山々を眼下に、晴れた日は日本海や佐渡島まで見渡せる。赤く色づく八海山が夕日に照らされ輝く光景は、心が洗われる美しさ。山頂駅の展望台から、大パノラマを満喫しよう。

八海山ロープウェー

秋山郷

見頃:10月中旬〜11月上旬

越後と信濃にまたがる秘境の秋景

津南町と長野県栄村にまたがって集落が点在する山間地。県内屈指の紅葉の名所で、清流と山々が約20キロに渡って織り成す景観は、まさに圧巻。温泉地やドライブスポットとしても人気。

秋山郷

清津峡

見頃:10月中旬〜11月上旬

川のせせらぎを聞きながら峡谷美を満喫

清津川を挟んで切り立つ巨大な柱状節理の岸壁が大峡谷を作り出す、日本三大峡谷の一つ。艶やかに色づいた木々が岩肌に生い茂り、トンネル最奥にあるパノラマステーションでは、幻想的な空間が広がっている。

清津峡

荒川峡もみじライン

見頃:10月下旬〜11月初旬

紅葉と吊り橋が描く秋の芸術

荒川沿いを走る国道113号線の絶景ロード。色とりどりの木々が折り重なるように続く秋の風景は、目を見張る美しさ。鷹の巣にあるつり橋や丸山大橋付近は絶景ポイントとして知られ、車を降りて散策し、じっくり紅葉狩りを楽しむ人が多い。

荒川峡もみじライン

弥彦公園(※ライトアップあり)

見頃:10月下旬〜11月中旬

見る人を圧倒するほどの日本画のような美しさ

彌彦神社や温泉街の散策も楽しめることから、毎年多くの観光客が訪れる県内随一の紅葉スポット。ライトアップされる夜は、色づいたモミジが夜空に浮かび上がり、幻想的な雰囲気に。

弥彦公園(※ライトアップあり)

村松公園

見頃:10月下旬〜11月中旬

真っ赤に染まる遊歩道を散策して

四季折々の美しい景観から「新潟景勝百選」にも選ばれた公園。遊歩道や遊具、展望台などがあり、憩いの場としても人気のスポット。真っ赤に染まったモミジを眺めながら散策を楽しんで。

村松公園

清水園

見頃:10月下旬〜11月中旬

庭園を散策しながら趣ある和風景を堪能

新発田藩主・溝口家の旧下屋敷。注目は、約5,000坪という広い敷地の中央に位置する、池の周りをぐるりと散策できる京風回遊式庭園。色鮮やかな木々が池の水面に映り、趣ある風景を作り出す。ゆっくりと歩きながら、紅葉を楽しんで。

清水園

北方文化博物館

見頃:10月下旬〜11月下旬

大広間からパノラマで望む庭園は圧巻!

越後豪農の館を今に伝える博物館。建物は登録有形文化財に指定され、100畳敷きの大広間から眺める庭園は一見の価値あり。四季折々の風情が魅力の回遊式庭園には、京都・鞍馬山の鞍馬みかげの巨石が置かれており、ご利益抜群だそう。

北方文化博物館

もみじ園(※ライトアップあり)

開催期間:見頃:11月上旬〜中旬

視界いっぱいに広がる真っ赤なじゅうたん

明治時代の大地主・高橋家の別荘内に庭園として造られた紅葉の名所。樹齢200年超のモミジが鮮やかに色づき、落ち葉が降り注ぐ幻想的な世界が広がる。園内の山荘は貸し切りも可能(有料)で、茶会や会議などに使用されている。

もみじ園(※ライトアップあり)

八木ヶ鼻

見頃:11月上旬〜中旬

奇岩と紅葉が織り成す力強い風景が魅力

五十嵐川上流にそそり立つ約200メートルの荒々しい岩壁と、岩肌一面がオレンジ色に美しく染まる姿は、粟ヶ岳と相まって目を奪われる雄大さ。奇岩が映り込み、ほんのり黄金色に染まった五十嵐川も見どころ。

八木ヶ鼻

中野邸記念館

見頃:11月上旬〜中旬

日本家屋に映える美しい秋景色

明治から昭和初期に「日本の石油王」と称された中野家の広大な屋敷。日本家屋と芸術が美しく調和した庭園には、約2,000本ものモミジが植えられており、秋の庭を美しく彩る。

中野邸記念館

椿寿荘(旧田巻邸)

見頃:11月上旬〜中旬

豪農の館と庭に残る銘木と名人の技

越後屈指の豪農として知られた原田巻家の離れ座敷として建てられた館。全国から集められた名木や、京都の庭師が作った枯山水の庭園は見応えたっぷり。色づくモミジを堪能して。

椿寿荘(旧田巻邸)

松雲山荘(※ライトアップあり)

見頃:11月中旬〜下旬

夜空に浮かび上がる深紅のトンネル

ライトアップされた夜の優美な紅葉が毎年多くの観光客を魅了。大正時代から数十年かけて造園された日本庭園には、500本以上のモミジに加え、灯籠や太鼓橋が配され、芸術的な美しさを見せる。

松雲山荘(※ライトアップあり)

旧齋藤家別邸

見頃:11月中旬〜下旬

近代和風建築と紅葉の見事な融合

新潟三大財閥と言われた豪商・齋藤家の別邸。庭園と建物を一体ととらえる、庭屋一如の開放的な造りが特徴。手入れの行き届いた庭園は、赤や黄色のコントラストが見事だ。

旧齋藤家別邸