2020.04.01

露店なし、宴会自粛で高田城址公園観桜会開幕 五分咲きでも人まばら

2020年4月1日から名称変更した新潟県上越市の「高田城址公園」で同日、「第95回高田城址公園観桜会」(上越市など主催)が始まった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、露店や物産展の出店はなく、花見客に飲食を伴う宴会などの自粛を求める中での開幕。観測史上最速の3月27日に開花した公園内の桜は五分咲きとなったが、時折小雨がぱらつくあいにくの天候もあり、訪れる人はまばらだった。会期は4月15日まで。



同公園の観桜会は「日本三大夜桜」として知られ、例年約300の露店が立ち並び100万人を超える花見客が訪れる同市最大の観光イベント。主催する市などは今年、桜の開花に合わせて会期前の3月28日からぼんぼり点灯と高田城三重櫓のライトアップを前倒しした。


一方で、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、多くの人が密集する状況を避けるため、パレードやステージなどの各種イベントのほか露店や物産展の出店を中止した。加えて、花見客にはブルーシートなどを広げての宴会や食事会などの自粛を呼び掛けている。



会場の公園内には、人混みを避け対人距離を2m程度空けることや、宴会や混雑時の飲食を控えるよう呼び掛ける看板が、あちこちに立てられた。また、桜に取り囲まれるように建つ高田城三重櫓とニシキゴイが泳ぐ内堀が眺められる極楽橋は、例年大勢の花見客で賑わうが、橋のたもとに看板が設置され、立ち止まらずに通行するよう注意喚起している。



新発田市から家族4人で訪れた44歳の男性は、あまりの人の少なさに驚いた様子。「3年前まで上越市に住んでいて、観桜会は花よりも人を見ている感じだった。こんなにまじまじと立ち止まって桜を見ることはなかったので、こういう花見もいいかも」と話していた。


関連記事



◇高田の観桜会は宴会自粛で開催 露店なし、ぼんぼりは点灯 新型肺炎対策で人混み発生回避(2020年3月6日)
https://www.joetsutj.com/articles/72427935



◇「高田城百万人観桜会」の名称変更 新たな公園名にちなみ「高田城址公園観桜会」へ(2020年2月12日)
https://www.joets

引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2020夏号

    新潟の結婚式 実例レポート大特集!

  • 月刊 Komachi7月号

    スタミナごはん

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!