2022.05.13

鈴木めぐみ市議の「Q&A」と「主張」に対する上越タウンジャーナルの見解

上越市選管から公職選挙法(寄附行為の禁止)に抵触する恐れがあると事前に注意されていたにもかかわらず、イベントで来場者に無料で食事などを提供した上越市の鈴木めぐみ市議(43)は2022年5月13日、自身のSNSで上越タウンジャーナルに対し「取材不足」と指摘した上で、「Q&A」と「主張」を掲載しました。


鈴木市議の「Q&A」と「主張」は、事実に反する点が多いことから、上越タウンジャーナルは見解などを以下に表明します。


以下は、鈴木市議の「主張」全文です。赤い文字が上越タウンジャーナルによる指摘と見解の表明です(注・Q&AのQ、すなわち質問も上越タウンジャーナルによるものではなく鈴木市議が書いています)。


鈴木 めぐみ 2022.5.13.


私の支援者の方から「また記事になってるよ長くて半分しか読んでないけど」と教えていただきました。
連日盛大に取り上げていただくことは、市民の皆様に市政に関心を持っていただくきっかけにもなりますので感謝申し上げます。
ただ、重要な点にかぎって取材不足があるように思います。書かれている内容を真に受け心配される支援者の方もおられますので、恐縮ながら私も主張させていただきます。Q&A形式で簡潔に記載します。


Q1 子ども食堂のイベントについて、上越市の選挙管理委員会から公職選挙法の「寄附行為の禁止」に抵触するおそれがあると事前に注意されていたのか。
A1 いません。イベント開催より前に電話連絡はありましたが、その内容は子ども食堂で提供するメニューや値段について「一般的な子ども食堂と議員の関係」についてです。食堂における値段ややり方など、行き過ぎたものは公職選挙法に抵触するおそれがあるため気をつけるようお話がありました。


Q2 それはイベントについての注意ではないのか。
A2 違います。上越市の選挙管理委員会へも、イベントの後に電話確認して、「一般的な子ども食堂と議員の関係」についての内容であり、イベントのことではないことは確認済みです。イベントの開催中止や、内容の変更を指示されたことはありませんし、そもそもイベントについて一切話は出ておりません。


Q3 では、なぜイベント前のタイミングで連絡が来たのか。
A3 私は連絡を受けた側ですので、私に聞かれても分かりません。おそらく、イベント前に、どこかでカレーを無料で出

引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2022夏号

    新潟ウエディング 新着レポート

  • 月刊 Komachi6月号

    毎日食べたいお昼ごはん

  • ハウジングこまち vol.32

    子育て世代が建てた家

ログインして
もっと便利に!