2020.12.04

廃止・譲渡など67施設 上越市が公共施設の適正配置計画案 温泉、公民館、スポーツ施設など

新潟県上越市は2020年12月4日、「公の施設の適正配置計画案」を市議会総務常任委員会に示した。667の公共施設のうち、15年前の市町村合併で重複する市の温泉施設やスポーツ施設、老朽化した集会施設など67施設を今後10年で廃止や民間譲渡する計画だ。


同市は2005年の13市町村合併の後、本年度まで3次にわたり公共施設の再配置計画を進めており、2011年に991あった施設は来年4月には667まで減る。しかし、今後も急激な人口減少や財源不足、施設老朽化に伴う改修などの経費の増加が見込まれることなどから、今後10年間の第4次計画を策定する。


第4次計画は小中学校などを除く323施設について今後の方針を整理した。現状維持が255施設で、移転が1施設、廃止は24施設、貸付または譲渡が27施設、用途変更が3施設、2026年度以降に適正配置が5施設、温浴施設8施設が地域住民らと引き続き協議となっている。計画は来年度から10年間で2025年度までの折返し地点で中間見直しを行う。


八木智学総務管理部長は「持続可能な行政運営の確立と次の時代を担う皆さんが過度の負担を負うことなく安心して暮らせる将来の地域づくりに避けて通れない」と説明した。


今後21日からパブリックコメントを実施し、来年2月に計画を正式決定する予定。


廃止施設などは次の通り。かっこ内は所在する地域自治区と完了年度。


ファイル “第4次上越市公の施設の適正配置計画(案)” (4.9 MB)


【廃止】



  • 浦川原運動広場野球場(浦川原・2021年度)

  • 浦川原運動広場トレーニング棟(浦川原・2021年度)

  • 市民いこいの家(直江津・2021年度)

  • ゆきだるま温泉雪の湯(安塚・2021年度)

  • 菱ヶ岳グリーンパーク(安塚・2021年度)

  • 光ヶ原わさび田の森(板倉・2021年度)

  • 光ヶ原みずばしょうの森(板倉・2021年度)

  • 吉川緑地等利用施設(吉川・2021年度)

  • 船倉地域生涯学習センター(安塚・2021年度)

  • 安塚克雪管理センター(安塚・2021年度)

  • 横住総合交流促進センター(浦川原・2021年度)

  • 大島ゆきわり荘(大島・2021年度)

  • 安塚かたくりの家(安塚・2022年度)

  • 本町ふれあい館(高田・2022年度)

  • 直江津ふれあい館(直江津・2022年度)

  • 名立保健センター(名立・2

引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2021春号

    新潟の結婚生活スタードガイド

  • 月刊 Komachi2月号

    みんなの推しカレー

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!