お知らせ
石川県能登地方を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

新潟県では、県内の被災者に対する義援金を受け付けています。詳しくは新潟県公式HPをご参照ください。
2024.05.14

聞こえる人も、聞こえない人も、居心地よく。サードプレイスを体現するサイニングカフェ「NOBI by SUZUKI COFFEE」

2024.5.14


“誰もが自分らしく生きられる社会”といった言葉は、ちょっと意地悪に言えば流行といっても過言ではないほど、あらゆる自治体が謳っています。新潟県長岡市も例にもれず、2017年2月に「『地球広場』多文化共生ビジョン」(※国籍・文化の違いを尊重し合い、外国人市民との共生に取り組むための指針)を打ち出し、2024年2月には「パートナーシップ・ファミリーシップ制度」(※性自認・性的指向により婚姻の届出ができない人、パートナーシップ関係にある人の親族を対象に、届出を受け付けてパートナーやファミリーであることを市が証明する)を開始するなど、一人ひとりがありのままに生きられる地域づくりに取り組んできました。しかし、いくら行政がせっせと音頭を取ったところで、そこに共鳴して協力関係を築ける民間事業者や支援者がいなければ、そう容易ではないという現実もあります。行政は、あくまで行政。それぞれの生きやすさが阻害されない環境づくりを促すことはできても、実際にその中身をつくっていく民間の力なくしては、かけ声倒れに終わってしまいます。


2024年5月15日、長岡市三和に「サイニングカフェ」と銘打つ「NOBI by SUZUKI COFFEE」がオープンします。「サイニング」は手話や指さしを意味する言葉で、店を切り盛りする倉又司(くらまた・つかさ)さんは聴覚障害がある、新潟県立長岡聾学校の卒業生。どのような経緯でこのお店が誕生することになったのか、倉又さんにお話を伺いました。


 


長岡聾学校中学部で手話に出会い
寄宿舎のお風呂で日々猛特訓!


かつて長岡市役所本庁舎だった「さいわいプラザ」と、隣接する長岡市立劇場から南へ徒歩1分。信濃川のほど近くに、新潟市に拠点を置く株式会社鈴木コーヒーの長岡支店があります。そこに併設されているのが、「NOBI by SUZUKI COFFEE」です。




NOBI店長の倉又司さんは、もともとコーヒー好きでカフェが大好き。自分のカフェをオープンする日を夢見て、数年前から新潟県内各地のイベントに出店し、コーヒーを販売する「のびのびカフェ」を展開してきました。聞こえる・聞こ

引用元
な!ナガオカ
な!ナガオカ
な!ナガオカ
なみなみならぬ情熱と志で、ながおかのいいところを、なかまとともに伝えたい。 長岡市が運営する、長岡の魅力を市内・市外へ発信していくwebメディアです。

な!ナガオカからの
おすすめニュース

過去のニュース

最新号のご案内

  • 新潟Komachi7月号

    おいしい夜さんぽ

ログインして
もっと便利に!