2021.08.04

「不登校」は「失敗」ではない。フリースクール「あうるの森」で見た、安心できる社会づくりのヒント

新潟県長岡市石内の静かな住宅街にある、一軒のフリースクール。ここ「学びスペース あうるの森」には、小学校3年生から高校2年生まで、いろいろな理由で不登校になった10名ほどの子どもたちが通っています。
2021年1月、ここに通う子どもたちは、自分たちの体験をまとめた書籍『不登校宣言 フリースクール「あうるの森」の子どもたち』(新潟日報事業社)を出版しました。学校に行けなくなるほどの傷を一度は心に負った彼らが、本の出版という大きなプロジェクトをどうやって成し遂げたのでしょうか。また、そうした活動ができる「あうるの森」は、どんな学び舎なのでしょうか。学校という「標準」から外れると生きづらくなりがちな世の中で、誰もが「生きやすい」まちにしていくために、どんな視点が必要なのか、あうるの森を訪ねて学んできました。


自分に自信をつけるために
学校の勉強に力を入れる


小中学校での不登校児童生徒の数は、年々増加しています。その数はおよそ18万人(※)。全国の小中学生の1.9%、つまり50人に一人が不登校なのです。そうした子どもたちの受け皿のひとつが、民間のフリースクールです。芸術文化・情操教育に力を入れている学校や、自給自足を掲げた学校など、一般的な学校教育とは一線を画すユニークな教育方針の学校も多くあります。この「あうるの森」は、どのようなフリースクールなのでしょうか。その特色について、代表の山田竹紘先生にお聞きしました。


※文部科学省の令和元年度の調査。年度間に連続、または断続して30日以上欠席した児童生徒の人数(病気や経済的理由による長期欠席者を除く)


――まずは、「あうるの森」がどのようなフリースクールなのかお聞きしたいと思います。


山田先生(以下、山田) 「あうるの森」は2013年に私がNPO 法人として起業したフリースクールです。不登校の子ども達がここに通ってきて、午前8時から午後5時まで活動しています。何よりも大切にしているのが、ここが不登校の子どもたちにとって安心できる場所であることです。そのうえで、具体的にどのような活動をしているかというと、まず勉強です。実は、フリースクールで学校の勉強に力を入れているところはけっこう珍しいんです。


――珍しいんですか? でも言われてみると、フリースクールには学校教育の型にはまらない活動をしているイメージがありますね。


山田 勉

引用元
な!ナガオカ
な!ナガオカ
な!ナガオカ
なみなみならぬ情熱と志で、ながおかのいいところを、なかまとともに伝えたい。 長岡市が運営する、長岡の魅力を市内・市外へ発信していくwebメディアです。

な!ナガオカからの
おすすめニュース

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2021秋号

    新潟の結婚式 最新レポート

  • 月刊 Komachi10月号

    進化するラーメン

  • ハウジングこまち vol.32

    子育て世代が建てた家

ログインして
もっと便利に!