2022.01.15

CAINZの電気圧力鍋 CEA-30 を買ってみた

 CAINZ(カインズ)の電気圧力鍋 CEA-30 が安くなっていたので買ってみました。電気圧力鍋としては低価格ですが、悪くないと思う!


 CAINZブランドの電気圧力鍋は以下の2種類が販売されています。


  • CEA-30(3L) 店舗価格 7,980円(税込)/ WEB価格 9,800円(税込)
  • CEA-40(4L) 店舗価格 9,980円(税込)/ WEB価格 16,800円(税込)

 WEB価格はCAINZのオンラインショップの価格です。よくわかんないですが、しばらく前から店舗価格のほうが安くなっています。在庫限りなのかも? でもその割には在庫が追加されているような……。


 今回購入したのは小さいほうの CEA-30 です。キャンペーンで1,000ポイント還元があったので、実質6,980円で手に入れることができました。7,980円でも「え、だいじょぶなの? なんか訳ありなんじゃないの?」レベルで安いのに、実質6,980円となればこれはもう多少不具合を抱えていたとしても買うしかない。


 セット内容。本体のほかに電源コード、プラ製のしゃもじ・おたま、計量カップ、蒸し台、ガラスふたがついてきます。  ほかはともかくガラスふただけはなんだかんだでよく使うのではじめからセットになっているのは大変ありがたいです。ガラスふただけで1,000円くらいの価値はある。


 最高圧力は70kPa。圧力鍋としては標準的です。


 製造元はエムケー精工でした。 仕様的に CEA-30 (3L) はエムケー精工の「ヘルシーマルチポット EA-130K」と同等、CEA-40 (4L) は「ヘルシーマルチポット EA-240K」と同等の製品と思われます。エムケー精工のものよりCAINZのほうがデザインがちょっとチープですが、そのぶん安くなってるみたいです。


 CEA-30の取説はレシピ集を兼ねています。一方、CEA-40には取説とは別にフルカラーのレシピブックが付いているらしい。でも、レシピブックって案外使わないよね。


 背面には水受けが付いています。そういえば昔の炊飯器ってみんな水受けついてたけど、いつのまに姿を消したんだろ……。


 ふたは普通に開けると炊飯器のように跳ね上げる

引用元
icoro
icoro
icoro
新潟を拠点にDIYしてみたり、旅行してみたりしているブログ。メルマガをまとめた電子書籍「いころ放談」も意外と人気。いつのまにかあなたの生活に忍び寄っている、icoro(イコロ)です。

icoroからの
おすすめニュース

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2022夏号

    新潟ウエディング 新着レポート

  • 月刊 Komachi6月号

    毎日食べたいお昼ごはん

  • ハウジングこまち vol.32

    子育て世代が建てた家

ログインして
もっと便利に!