お知らせ
石川県能登地方を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

新潟県では、県内の被災者に対する義援金を受け付けています。詳しくは新潟県公式HPをご参照ください。
2024.02.03

みんなで「十日町雪まつり」雪像づくりを応援しよう!

「雪を友とし、雪を楽しむ」という、住民発の思いから始まった十日町雪まつり。
今年は2月16日(金曜日)〜17日(土曜日)の開催が決定しています。


といいつつも、今シーズンは暖冬少雪で雪が少ない。。。(泣)
実行委員会からはメイン会場の変更と、雪の芸術展(雪像作品)の審査を実施しない方針が発表されました。
第75回十日町雪まつり開催企画(少雪の影響による開催内容の変更について)


雪が少ないことは仕方がない。。。
それでも、十日町雪まつりを盛り上げたい!
『市民たちの雪像作り』は十日町の宝!今一度、十日町雪まつりの雪像に注目しよう!
そんな思いで市民有志【十日町雪まつり雪像応援プロジェクト】が立ち上がりました。


企画は題して

小雪なのに雪像作りありがとう
十日町の誇り 芸術部門雪像の作り手の皆様へ
in 十日町雪まつり2024




一言でいうと、「寄付を集めて雪像の作り手さんに陣中見舞いを届けましょう」という取組み。詳しい内容は下記をご覧ください。


<以下、公式の投稿より引用>
【目的】
雪像コンテストの審査会が取り止めになったことで、雪像作り自体も無いと誤解している市民もいる状況の中、十日町の誇りである芸術部門雪像への再注目と作り手の皆さんへ感謝の気持ちを届けたい。
【理由及び背景】
昭和25年、第一回十日町雪まつりとともに始まり、雪まつりの代名詞ともいえる「雪の芸術展」。今年は少雪の影響もあり雪像の審査と表彰、賞金授与が取り止めになり、各地区の雪像製作団体へは5万円を支給という一律の報奨ルールとなりました。
市民の中には雪像自体が無くなると誤解される方もいるなど、イベント自体への関心が薄れる事も懸念されます。
十日町雪まつりの醍醐味である雪像見学、その雪像を市民自ら作りあげる伝統と、お祭りの盛り上がりを未来へ繋げたい。
小雪、審査なし、表彰なし、こんな状況でも世界に誇れる十日町の芸術部門雪像製作者への応援と感謝の気持ちをお届けしたい。
【日時】2024年2月雪像製作期間
【内容】
・皆さんから集めた協賛金を原資に芸術部門雪像製作16団体へ陣中見舞いを用意し、感謝の気持ちを届ける。
・SNSで雪像の紹介、製作過程の披露、製作団体の方たちの紹介(共に、了承を得て情報を送って下さる団

引用元
My trip TOKAMACHI
My trip TOKAMACHI
My trip TOKAMACHI
十日町市には大地の芸術祭、清津峡、棚田、美人林などの観光スポットが満載です。雪が織りなす絶景や、ここでしか味わえないグルメや温泉もご紹介。 十日町市で「私だけの旅」を楽しもう。

My trip TOKAMACHIからの
おすすめニュース

過去のニュース

最新号のご案内

  • 新潟Komachi4月号

    新潟ラーメンのこれから

ログインして
もっと便利に!