2020.12.03

第三者検討委の報告書提出は来年2月に「うみがたり」イルカ連続死問題

新潟県上越市の市立水族博物館「うみがたり」のイルカがオープンから2年で4頭が死んだ問題で、同市教育委員会が設置した第三者の専門家による検証委員会の第2回会合が2020年11月29日、同市下門前の同市教育プラザで開かれた。非公開の会議後、委員長の吉岡基三重大学大学院教授は取材に対し、「市への報告書の提出は2月ぐらいになる」と答えた。


検証委員会は飼育、建築、水質の各分野を専門とする大学教授5人の委員で構成し、今年8月に第1回会合を開催した。市への検証結果の報告は、当初10月から11月頃を予定していたが、第1回会合で委員が関係者に求めた質問の回答や資料提出に時間を要したためスケジュールが遅れ、2021年2月となる見込み。



この日の会議は、委員のほか、うみがたりの設計者や施工業者、指定管理者の横浜八景島の飼育担当者も出席。委員が疑問点などについて直接ヒアリングを行った後、委員それぞれの立場でイルカの死因について意見を述べ、検証結果の方向性を確認したという。


吉岡委員長は「報告書には何が起き4頭の死につながったのか、また今後どのような取り組みをしたらよいかを盛り込んでいく」と述べた。


関連記事



◇専門家による第三者検証委設置へ イルカ連続死の原因究明  上越市教委(2020年7月20日)
https://www.joetsutj.com/articles/23801869



◇専門家による第三者検証委設置へ イルカ連続死の原因究明  上越市教委(2020年7月20日)
https://www.joetsutj.com/articles/23801869



◇うみがたりのイルカ連続死の原因究明を 上越動物愛護協会が市教委に要望(2020年7月17日)
https://www.joetsutj.com/articles/92492862



◇目玉展示のシロイルカが全滅 うみがたり オープンからわずか2年(2020年7月3日)
https://www.joetsutj.com/articles/18292708



◇うみがたりの人気者 シロイルカの「リーヤ」死ぬ(2020年5月21日)
https://www

引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2021春号

    新潟の結婚生活スタードガイド

  • 月刊 Komachi2月号

    みんなの推しカレー

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!