2021.04.10

初日は15分で完売 エルマールで11日まで「おべんとうマルシェ」

新潟県上越市内の飲食店が各店自慢の“お弁当”を提供するイベント「おべんとうマルシェ」が2021年4月10、11の2日日、同市西本町3の直江津ショッピングセンターエルマール1階で開かれている。初日となった10日はイベント開始前から長蛇の列ができ、開始15分ほどで用意した弁当すべてが売り切れた。11日は午前10時スタート。



イベントはコロナ禍で苦しむ地元飲食店の応援、元気や賑わい創出などを目的に、エルマールが毎月11日に開く「イレブンマルシェ」の一環として初めて開催。参加店は「オステリアサカヅメ」「イタリア食堂 リポッソ」「割烹 はし」「レストラン・トゥジュール」「和みめしや─HAJIME─」の5店舗。イタリア料理、和食など、それぞれのジャンルで店自慢のメニューを詰め合わせ、数量限定で10〜50個を用意し、各店1、2種類の弁当を1200〜2000円で販売した。


初日はイベント開始1時間前から各店ブース脇に行列が出来た。レストラン・トゥジュールで一番のりした同市に住む女性会社員(45)は午前9時から並び、「お店の大ファン。(買えるように)今日は早めに来ました。母も別のお店で並んでいて、これから家族でお弁当を味わいます。いろんなお店のお弁当を食べてみたいので、こういうイベントがもっとあれば」と期待を寄せた。



「春の会席弁当」(1500円)を販売した「割烹 はし」代表の高橋睦さん(57)は「行列は予想していなかった」と笑い、「春の食材を使い、見た目も華やかにしました。コロナ禍なので、このような機会はありがたい。店の味を知っていただければ」と話していた。


初日はイベント開始前の時点で弁当販売数を超える人の行列が出来た店もあり、主催者は11日も早めの来場を呼び掛けている。商品はなくなり次第終了。

引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2021夏号

    新潟ウエディングのすべて

  • 月刊 Komachi6月号

    いま食べたいパン案内

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!