お知らせ
石川県能登地方を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

新潟県では、県内の被災者に対する義援金を受け付けています。詳しくは新潟県公式HPをご参照ください。
2024.01.20

新潟県立歴史博物館 2023年度 冬季テーマ展示「越後の木綿 いま むかし」に行ってきた

 新潟県立歴史博物館で開催されている2023年度 冬季テーマ展示「越後の木綿 いま むかし」に行ってきました。開催は1月13日(土)から2月25日(日)まで。観覧料は一般520円、高・大学生200円、中学生以下無料です。


開場式


 それではテープカッターズの皆様です。


 目線ありがとうございます!

 テープカッターズは左から以下の通り。



  • 県立歴史博物館 館長 小原清文

  • 亀田繊維工業協同組合 立川博史

  • NST新潟総合テレビ 取締役 経営企画本部長 兼 営業事業本部副本部長 高島裕介

  • 阿賀町教育委員会 教育長 遠藤佑

  • 新潟県立歴史博物館友の会 会長 鈴木重壱(以上、敬称略)


 はいカットー。


 開場!


越後の木綿


 今回のテーマ展示は越後(新潟)で利用されていた綿織物やそれを使用した仕事着などを見ることができます。


 まず最初に「亀田縞」という綿織物の紹介。亀田縞は一度製法が失われたのですが、2000年代に復活を遂げました。とりあえず、内覧会の解説の人が亀田縞を説明するときのテンションがやばかったです。テンションやばくなるくらいすごいことなんだなってことは伝わった。


 続いて新潟(越後)における木綿の生産や木綿織物の紹介。小須戸縞や加茂縞などの綿織物も展示されています。ポスターやフライヤーでも使われている絣(かすり)のセンスがすごいと思う。


 新潟市指定無形文化財になっている「白根絞り」。

 後半は綿織物で作られた仕事着の展示。使用される地域や場面に合わせて少しずつ変化している様子がわかります。


腰回りに採取したゼンマイを入れられるゼンマイトリモッコ。iPad入りそう。

冬は綿織物


 亀田縞を使用した無印良品の半纏は(なぜか)東南アジアで人気らしい。

 歴博とは違うのですが、新潟市の北区郷土資料館でも「葛塚縞展」が開催されています。 こちらの会期は1月4日(木)から5月6日(月)までとロングランです。葛塚縞の手織り体験などのイベントもあるので、歴博の展示で綿織物に関心が出たらこちらもどうぞ!



  • 北区郷土博物館 新潟市北区


関連プログラム


 今回も期

引用元
icoro
icoro
icoro
新潟を拠点にDIYしてみたり、旅行してみたりしているブログ。メルマガをまとめた電子書籍「いころ放談」も意外と人気。いつのまにかあなたの生活に忍び寄っている、icoro(イコロ)です。

icoroからの
おすすめニュース

過去のニュース

最新号のご案内

  • 新潟Komachi7月号

    おいしい夜さんぽ

ログインして
もっと便利に!