2021.07.31

直江津の魅力をアートで再発見 なおえつうみまちアートが開幕 9月26日まで

新潟県上越市の直江津地区で現代アート作品を展示する芸術イベント「なおえつ うみまちアート」が2021年8月1日に開幕する。会期は9月26日まで。7月31日は市民向けの前日祭として一足先に市民が作品を鑑賞したほか、直江津屋台会館ではオープニングセレモニーが開かれた。



うみまちアートは、同市と「無印良品 直江津」を運営する良品計画(東京都)、頸城自動車の3者による地域活性化の包括連携協定に基づき開催される。オープニングセレモニーには、実行委員会や作品を出品する作家ら約40人が参加した。


実行委員会会長を務める上越観光コンベンション協会の山田知治会長(頸城自動車社長)は、「アートの創造性と地域資源が組み合わさった作品を通じて直江津の魅力を再発見し、住民がイベントに関わることで地域への愛着や誇りにつなげたい」とあいさつした。


実行委員会顧問で良品計画の金井政明会長は、東京の美術館で観た作品を直江津の子供に見せたいと思ったことがうみまちアートの企画につながったと話し、「無印良品直江津の成功が社内全体に新しい可能性を見せている」などと述べた。


うみまちアートで展示されるのは、8組の作家が直江津の風景や歴史、文化から着想を得て制作した作品。船見公園周辺海岸(中央4)、ライオン像のある館(中央3)、直江津屋台会館(西本町4)、安国寺通り特設会場(西本町3)の4会場で展示している。







引用元
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越タウンジャーナル
上越地域のさまざまな情報をいち早く伝えています。政治、経済、事件・事故といった硬派な記事から、暮らしやグルメ、街ネタまで幅広くカバーしている、上越地域を代表するニュースサイトです。

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2021秋号

    新潟の結婚式 最新レポート

  • 月刊 Komachi10月号

    進化するラーメン

  • ハウジングこまち vol.32

    子育て世代が建てた家

ログインして
もっと便利に!