2022.06.10

さくらんぼ(佐藤錦)を買いに聖籠町に行ってきた

 さくらんぼ酒を作るためのさくらんぼ(佐藤錦)を手に入れるため、聖籠町に行ってきました! 昨年の様子です。


さくらんぼ探しの旅


佐藤錦を求めて


 「佐藤錦でさくらんぼ酒を作りたい!」と思い、佐藤錦が(できれば安く)買えるのはどこ……やはり山形県まで遠征しないとか……と思っていたところ、新潟のさくらんぼ生産地、聖籠町を思いつきました。いろいろ調べてみたところ、「PLANT-4 聖籠店」でさくらんぼ店頭市が開催されるという情報をゲット。2日間限定で化粧箱入りさくらんぼが全国送料無料! そして「PLANT-4 聖籠店」の隣には「聖籠地場物産」がある! この2軒を回れば確実に手に入りそうな予感!


さくらんぼが手に入る時期


 聖籠地場物産のサイトによると、さくらんぼの時期(旬)は6月の1ヶ月間のみ。プラントのさくらんぼ店頭市は毎年6月の第二週の土日に開催されている様子。新潟でさくらんぼを手に入れるにはだいたいこの時期に動けばいいようです。聖籠地場産はFacebookで入荷の様子をアップしていたので、それを参考にしました。


「PLANT-4 聖籠店」と「聖籠地場物産」


 そんなわけで「PLANT-4 聖籠店」と「聖籠地場物産」に到着。隣り合って建っています。「物産館」ではなく「物産」。


 店舗前にはさくらんぼののぼりが! これは期待できます。


PLANT-4 聖籠店の様子


 期待して行ったプラントですが、午後に到着したところ、特設の棚はあるもののさくらんぼは残りわずかな感じでした。完全に出遅れました。確実に欲しい方は午前中に行くのがおすすめです。


聖籠地場物産の様子


 地場物産のほうにはまだ残ってました 佐藤錦、発見!


 箱入りのものも売ってました。粒が大きく、揃ってます。なんか輝きが違う。


 パック入りのものは1パックでだいたい200g入りになっているそうです。お値段は1パック550円〜800円(税抜き)くらい。生産者によって若干金額が異なりますが、500円台のものは粒小さめ、色にちょっとムラあり、値段が上がるほどに粒大きめで見た目もきれいになる感じです。箱入りはさすが箱入りというクオリティ。


 というわけで佐藤錦、確保でき

引用元
icoro
icoro
icoro
新潟を拠点にDIYしてみたり、旅行してみたりしているブログ。メルマガをまとめた電子書籍「いころ放談」も意外と人気。いつのまにかあなたの生活に忍び寄っている、icoro(イコロ)です。

icoroからの
おすすめニュース

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2022秋号

    笑顔あふれる挙式レポート

  • 月刊 Komachi9月号

    夏を楽しむおでかけ案内

  • ハウジングこまち vol.32

    子育て世代が建てた家

ログインして
もっと便利に!