2020.04.01

新潟県三条市の長野工業が、破産手続開始

三条市の長野工業株式会社(三条市島田2−8−25、資本金3,600万円、従業員10名)が3月26日、新潟地裁三条支部より破産手続開始決定を受けた。同社は2月21日付で事業を停止、事後処理を弁護士に一任し、3月13日に破産申立を行っていた。


東京商工リサーチ新潟支店によると、負債総額は2億円。長野工業は昭和初期創業の工具卸売会社で、1968年に法人化。プロ向けの各種作業工具や電動工具等のほか、刃物やチップソー、エアホース等の自社オリジナル製品も手掛け、全国の金物業者に販売していた。


しかし小口販売先が多かった中で、同社の商品は大手ホームセンターなどの出店に押されていった。また販売先の倒産や廃業も相次いだことで、業績は低迷。2007年8月期には7億5,354万円を計上していた売上も、2019年8月期には4億6,800万円にまで減少し、赤字決算も続いていたという。


多数の商品を扱っていたことによる在庫負担と、借入金に依存した状態も重くのしかかった。事業回復の見通しが立たず、資金繰りも限界に達したことで事業を停止。破産申立の準備に入っていた。


長野工業の破産管財人には、齋藤貴介弁護士(弁護士法人北辰法律事務所県央事務所、電話0256−47−1230)が選任されている。

引用元
にいがた経済新聞
にいがた経済新聞
にいがた経済新聞
新潟県内のニュースをいち早くお届けします。現役・OBの記者、ライターが取材した県内の企業情報から、地域の話題、経済ネタ、新店舗・イベント、文化、スポーツまで幅広いニュースを配信しています。

過去のニュース

最新号のご案内

  • こまちウエディング 2020夏号

    新潟の結婚式 実例レポート大特集!

  • 月刊 Komachi7月号

    スタミナごはん

  • 新潟うまい店2019

    新潟グルメガイドの最新版が登場!

ログインして
もっと便利に!