公開日2020.10.09
最終更新日2020.10.19

【2020年版】定番の名所から穴場まで!新潟県の紅葉スポット53選

【2020年版】定番の名所から穴場まで!新潟県の紅葉スポット53選
公開日2020.10.09
最終更新日2020.10.19

【2020年版】定番の名所から穴場まで!新潟県の紅葉スポット53選

 秋の風物詩といえば、なんといっても紅葉。この記事では、定番の名所からローカル感が魅力の穴場スポットまで、上越・中越・下越・佐渡の紅葉スポット52カ所をピックアップしてご紹介します。

【紅葉観賞に関するお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各スポット独自の観賞ルールが定められている場合があります。観賞の際は各スポットのルールに従い、3密を避けて観賞してください。

山熊田渓谷 (村上市山熊田)

見頃:10月下旬〜11月上旬

美しい川とともにブナの里を一望

村上市山北地区の山熊田集落へと向かう道中にある静かな渓谷。山の澄んだ空気の中、紅や黄に染まった鮮やかな紅葉の風景に出会うことができる。

施設情報

住所

村上市山熊田

TEL 0254-77-2259(山北商工会)
駐車場 あり

二子島森林公園(村上市岩崩)

見頃:10月下旬〜11月上旬

紅葉真っ盛りのダム湖でアウトドアを満喫

三面ダム湖に浮かぶ2つの島を浮き桟橋で結んだ森林公園。秋には周辺の山々が一斉に紅葉し、湖を鮮やかに彩る。岸辺にはオートキャンプ場があり、ダム湖ではボートや釣りも楽しめる。

施設情報

住所

村上市岩崩1296-1

TEL 0254-72-6883(村上市朝日支所産業建設課)
定休日 冬季閉鎖 ※今年は11月8日(日)まで
駐車場 50台

荒川峡もみじライン (関川村鷹の巣〜金丸)

見頃:10月下旬〜11月初旬

紅葉と吊り橋が描く秋の芸術

荒川沿いを走る国道113号線の絶景ロード。色とりどりの木々が折り重なるように続く秋の風景は、目を見張る美しさ。鷹の巣にあるつり橋や丸山大橋付近は絶景ポイントとして知られ、車を降りて散策し、じっくり紅葉狩りを楽しむ人が多い。

施設情報

住所

岩船郡関川村鷹の巣〜金丸

TEL 0254-64-1478(関川村観光協会)
営業時間 終日開放
駐車場 20台 ※鷹の巣のつり橋、丸山大橋のたもとにあり

乙宝寺 (胎内市乙)

見頃:10月下旬〜11月上旬

歴史の重みを感じながら紅葉狩りを

「今昔物語」や「奥の細道」にも登場する古寺で、江戸時代に造られた三重塔は国指定文化財。釈迦の左眼を納めたと伝わる舎利塔など、多くの伝説が残る名刹で参拝と紅葉狩りを楽しもう。

施設情報

住所

胎内市乙1112

TEL 0254-46-2016(乙宝寺)
営業時間 9時〜16時
駐車場 50台

ロイヤル胎内パークホテル (胎内市夏井)

見頃:10月中旬〜11月上旬

色づく大自然を眺めてリラックス

胎内の豊かな自然に囲まれたリゾート地。鮮やかに染まった飯豊連峰を望みながら、レンタサイクルや釣りなどのさまざまなアクティビティーを楽しめる。

施設情報

住所

胎内市夏井1191-3

TEL 0254-48-2211(ロイヤル胎内パークホテル)
駐車場 200台

樽ケ橋 (胎内市下赤谷)

見頃:10月下旬〜11月中旬

目を奪われる迫力の紅葉美

色彩豊かに染まる鳥坂山や、紅葉に囲まれた胎内川の景勝美を楽しめる。隣接する樽ケ橋遊園内のイチョウの木々も見どころのひとつ。

施設情報

住所

胎内市下赤谷387-1 道の駅 胎内

TEL 0254-47-2723(胎内市観光協会)
駐車場 100台

滝谷森林公園 (新発田市滝谷)

見頃:10月中旬〜11月下旬

アウトドアスポットで秋を満喫

加治川の上流部にあり、自然と触れ合える絶好のスポット。食堂のあるログハウスの休息所や宿泊棟などもあり、紅葉を楽しみながらのキャンプやバーベキューもおすすめ。

施設情報

住所

新発田市滝谷1686

TEL 0254-28-2713(新発田市滝谷森林公園管理棟)
駐車場 110台

市島邸 (新発田市天王) ※当面の間(10月中)臨時休館

見頃:10月下旬〜11月中旬

趣ある大邸宅で優雅な時間を過ごして

福島潟の干拓など、蒲原平野の開拓に努めた大地主・市島家の邸宅。8,000坪の見事な庭園と優美な紅葉に彩られながら、今もなお重厚なたたずまいを見せてくれる。

施設情報

住所

新発田市天王1563

TEL 0254-32-2555
営業時間 9時〜17時(12月〜3月は16時30分まで)※入館は閉館30分前まで
定休日 水曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日
駐車場 30台

清水園(新発田市大栄町)

見頃:10月下旬〜11月中旬

庭園を散策しながら趣ある和風景を堪能

新発田藩主・溝口家の旧下屋敷。注目は、約5,000坪という広い敷地の中央に位置する、池の周りをぐるりと散策できる京風回遊式庭園。色鮮やかな木々が池の水面に映り、趣ある風景を作り出す。ゆっくりと歩きながら、紅葉を楽しんで。

施設情報

住所

新発田市大栄町7-9-32

TEL 0254-22-2659
営業時間 9時〜17時 ※11月〜2月は16時30分まで
定休日 年末、1・2月の水曜(祝日の場合は翌日)
駐車場 50台

荒川剣龍峡 (新発田市荒川)

見頃:10月下旬〜11月上旬

岩場に広がる優美な光景

山神神社の境内にあり、駐車場から少し歩くだけで、神秘的な雰囲気を楽しめる。巨大な石畳や水辺から根を生やした、ブナやナナカマドが辺り一帯を彩る。

施設情報

住所

新発田市荒川剣龍峡

TEL 0254-28-9960(新発田市観光振興課)
駐車場 約10台

大峰山 (新発田市貝屋)

見頃:10月下旬〜11月上旬

紅葉狩りとハイキングを同時に

トチノキやブナが色づく山肌を一望。遊歩道が整備されていて歩きやすいので、紅葉を間近に見ながらのハイキングを楽しめる。途中にある一本松展望台からの眺めは絶景。

施設情報

住所

新発田市貝屋

TEL 0254-28-9960(新発田市観光振興課)
営業時間 終日開放
駐車場 50台

二王子岳 (新発田市二王子岳)

見頃:10月下旬〜11月上旬

山頂から燃えるような木々を一望

ブナやカエデが登山道を彩る様子を目当てに、毎年多くの登山客が訪れる。山頂からの眺めはまさに絶景。登山口には二王子神社やキャンプ場もある。

施設情報

住所

新発田市二王子岳

TEL 0254-28-9960(新発田市観光振興課)
駐車場 約40台

白山公園 (新潟市中央区)

見頃:10月中旬〜11月中旬

彩り豊かな都市公園で秋さんぽ

白山神社に隣接する自然豊かな都市公園。園内には空中庭園が整備されており、色づく木々を見ながら信濃川の水辺まで散歩するのも秋の醍醐味。

施設情報

住所

新潟市中央区一番堀通町1-2

TEL 025-223-7420(新潟市中央区役所建設課)
駐車場 有料 約600台(白山公園駐車場)

旧斎藤家別邸(新潟市中央区)

見頃:11月中旬〜下旬

近代和風建築と紅葉の見事な融合

新潟三大財閥と言われた豪商・齋藤家の別邸。庭園と建物を一体ととらえる、庭屋一如の開放的な造りが特徴。手入れの行き届いた庭園は、赤や黄色のコントラストが見事だ。

施設情報

住所

新潟市中央区西大畑町576

TEL 025-210-8350
営業時間 9時30分〜18時(10〜3月は17時まで)
定休日 月曜、祝日の翌日、12/28〜1/3、ほか臨時休館あり
駐車場 なし

中野邸記念館 (新潟市秋葉区)

見頃:11月上旬〜中旬

日本家屋に映える美しい秋景色

明治から昭和初期に「日本の石油王」と称された中野家の広大な屋敷。日本家屋と芸術が美しく調和した庭園には、約2,000本ものモミジが植えられており、秋の庭を美しく彩る。

施設情報

住所

新潟市秋葉区金津598

TEL 0250-25-1000 
営業時間 9時30分〜16時30分
定休日 水曜(祝日の場合は開館、11月は無休)、12月〜8月
駐車場 35台

上堰潟公園 (新潟市西蒲区)

見頃:10月下旬〜11月上旬

秋一色の雄大な自然を一日中散策!

角田山の麓、上堰潟を中心に広がる広大な公園。潟沿いの遊歩道を散策できるほか、バーベキュー広場や遊具も充実している。色づいたイチョウの並木や、咲き乱れるコスモスを眺めながら、秋の休日をのんびり過ごそう。

施設情報

住所

新潟市西蒲区松野尾1

TEL 0256-72-8507 (新潟市西蒲区建設課)
営業時間 終日開放(休憩所8時30分〜17時、バーベキュー施設9時〜16時30分)
定休日 なし
駐車場 212台
備考

バーベキュー施設は要予約

北方文化博物館 (新潟市江南区)

見頃:10月下旬〜11月下旬

大広間からパノラマで望む庭園は圧巻!

越後豪農の館を今に伝える博物館。建物は登録有形文化財に指定され、100畳敷きの大広間から眺める庭園は一見の価値あり。四季折々の風情が魅力の回遊式庭園には、京都・鞍馬山の鞍馬みかげの巨石が置かれており、ご利益抜群だそう。

施設情報

住所

新潟市江南区沢海2-15-25

TEL 025-385-2001
営業時間 9時〜17時 ※12月〜3月は16時30分まで
定休日 なし
駐車場 300台

弥彦公園(西蒲原郡弥彦村)

見頃:10月下旬〜11月中旬

見る人を圧倒するほどの日本画のような美しさ

彌彦神社や温泉街の散策も楽しめることから、毎年多くの観光客が訪れる県内随一の紅葉スポット。ライトアップされる夜は、色づいたモミジが夜空に浮かび上がり、幻想的な雰囲気に。

施設情報

住所

西蒲原郡弥彦村弥彦

TEL 0256-94-3154(弥彦観光協会)
定休日 なし
駐車場 2,000台(季節により有料)

村松公園(五泉市愛宕)

見頃:10月下旬〜11月中旬

真っ赤に染まる遊歩道を散策して

四季折々の美しい景観から「新潟景勝百選」にも選ばれた公園。遊歩道や遊具、展望台などがあり、憩いの場としても人気のスポット。真っ赤に染まったモミジを眺めながら散策を楽しんで。

施設情報

住所

五泉市愛宕甲2631-1

TEL 0250-43-3911(五泉市商工観光課)
営業時間 終日開放
席数 なし
駐車場 800台

たきがしら湿原(東蒲原郡阿賀町七名)

見頃:10月中旬〜11月上旬

絵画のような紅葉の絶景地

四季折々の花を楽しみながら散策できる、全国でも珍しい人工湿原。湿原を縫うように整備された遊歩道を歩きながら、まるで絵画のような景色を満喫して。

施設情報

住所

東蒲原郡阿賀町七名

TEL 0254-92-5764(阿賀町役場農林課林政係)
駐車場 50台

阿賀野川ライン (東蒲原郡阿賀町)

見頃:10月下旬〜11月上旬

魅力のコースをドライブや舟下りで

阿賀野川沿いの国道49号線は「新日本百景」に選ばれたドライブコース。狐火伝説の残る麒麟山をはじめとした山々の紅葉は「阿賀野川ライン遊覧船」でも楽しめる。

施設情報

住所

東蒲原郡阿賀町の国道沿い

TEL 0254-92-4766(阿賀町役場まちづくり観光課観光商工係)
駐車場 沿線の観光施設にあり
備考

料金:屋形船大人2,000円、小人1,000円

妙宣寺 (佐渡市阿仏坊)

見頃:10月下旬〜11月中旬

秋色に彩られ、美しくそびえ立つ五重塔

佐渡配流の日蓮に帰依した阿仏房(あぶつぼう)が建立した古寺。国の重要文化財に指定されている五重塔は、高さ約24メートルの威厳を感じるたたずまい。赤や黄色に染まったモミジとのコントラストが見事で、訪れる人々を魅了する。

施設情報

住所

佐渡市阿仏坊29

TEL 0259-55-2061
駐車場 15台

清水寺(佐渡市大野)

見頃:10月下旬〜11月中旬

“清水の舞台”とモミジの美しき共演

大同3年、京都から佐渡へ布教に訪れた僧賢法が、京都の清水寺を模して建立したとされる寺。本家より低めだが「清水の舞台」を思わせる舞台を見学できる。黄色に染まったモミジが境内を美しく彩る。

施設情報

住所

佐渡市大野124-1

TEL 0259-22-2167
駐車場 なし

入川渓谷 (佐渡市入川)

見頃:10月下旬〜11月上旬

進むたびに表情を変える秋の名所

渓流の水音を間近で聞きながら、色とりどりの紅葉の中を散策できる。道中のドンデン橋上流付近から見られる「三段の滝」も見逃せない!

施設情報

住所

佐渡市入川

TEL 0259-74-2220(佐渡観光交流機構相川観光案内所)
駐車場 なし

大佐渡スカイライン (佐渡市中興〜下相川)

見頃:10月中旬〜下旬

紅葉と佐渡の大パノラマ

佐渡の最高峰・金北山を間近に望む展望道路。標高850メートルの白雲台から見る大パノラマは息をのむスケール。晴れた日は新潟の街や山が見えることも。

施設情報

住所

佐渡市中興〜下相川

TEL 0259-27-5000(佐渡観光交流機構)
営業時間 終日開放 ※冬季閉鎖
駐車場 なし

ドンデン山 (佐渡市椿)

見頃:10月中旬〜11月中旬

壮大な紅葉絵巻に癒やされて

大佐渡山地中央に位置するタダラ峰の愛称。ナナカマドやモミジ、カエデが色とりどりに生い茂り、高原はまるでオレンジのじゅうたんのように。

施設情報

住所

佐渡市椿

TEL 0259-23-2161
駐車場 10台

紅葉山 (佐渡市浜河内)

見頃:10月下旬〜11月中旬

カラフルに染まった山々を一望

佐渡有数の紅葉の名所で、小佐渡山脈の中腹・松ケ崎と畑野を結ぶ途中にある公園。色とりどりのモミジが美しく混ざり合い、山全体を染める。大自然が生み出す秋の表情を堪能しよう。

施設情報

住所

佐渡市浜河内

TEL 0259-27-5000(佐渡観光案内所)
駐車場 30台

加茂山公園 (加茂市加茂)

見頃:10月下旬〜11月中旬

見どころ満載!秋の行楽にぴったり

約1,300年の歴史を持つ青海神社を中心に、コイが泳ぐ池などがあり、家族連れやカップルにも人気の公園。モミジ谷では、モミジやカエデが歩道を鮮やかに染め上げ、幻想的な景色を作り出す。

施設情報

住所

加茂市大字加茂228

TEL 0256-52-0080(加茂市建設課)
営業時間 終日開放(リス園10時〜16時)
定休日 なし ※リス園は月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場 80台

椿寿荘 (南蒲原郡田上町田上)

見頃:11月上旬〜中旬

豪農の館と庭に残る銘木と名人の技

越後屈指の豪農として知られた原田巻家の離れ座敷として建てられた館。全国から集められた名木や、京都の庭師が作った枯山水の庭園は見応えたっぷり。色づくモミジを堪能して。

施設情報

住所

南蒲原郡田上町田上丁2402-8

TEL 0256-57-2040
営業時間 9時〜16時
定休日 水曜 ※10月・11月は開園
駐車場 15台
備考

料金:大人400円、小中学生300円

八木ヶ鼻 (三条市北五百川)

見頃:11月上旬〜中旬

奇岩と紅葉が織り成す力強い風景が魅力

五十嵐川上流にそそり立つ約200メートルの荒々しい岩壁と、岩肌一面がオレンジ色に美しく染まる姿は、粟ヶ岳と相まって目を奪われる雄大さ。奇岩が映り込み、ほんのり黄金色に染まった五十嵐川も見どころ。

施設情報

住所

三条市北五百川

TEL 0256-34-5511(三条市営業戦略室)
営業時間 終日開放
定休日 なし
駐車場 15台

もみじ園 (長岡市朝日)

見頃:11月上旬〜中旬

視界いっぱいに広がる真っ赤なじゅうたん

明治時代の大地主・高橋家の別荘内に庭園として造られた紅葉の名所。樹齢200年超のモミジが鮮やかに色づき、落ち葉が降り注ぐ幻想的な世界が広がる。園内の山荘は貸し切りも可能(有料)で、茶会や会議などに使用されている。

施設情報

住所

長岡市朝日600

TEL 0258-92-6360(長岡市もみじ園)
営業時間 庭園は終日開園、山荘は9時〜17時
定休日 12〜3月 ※山荘は水曜(10/31〜 11/23は無休)
駐車場 250台

赤坂山公園 松雲山荘 (柏崎市緑町)

見頃:11月中旬〜下旬

夜空に浮かび上がる深紅のトンネル

ライトアップされた夜の優美な紅葉が毎年多くの観光客を魅了。大正時代から数十年かけて造園された日本庭園には、500本以上のモミジに加え、灯籠や太鼓橋が配され、芸術的な美しさを見せる。

施設情報

住所

柏崎市緑町3(赤坂山公園隣)

TEL 9時〜17時 ※紅葉時のライトアップは日没〜21時
定休日 12〜3月
駐車場 180台

船岡公園(小千谷市船岡)

見頃:11月上旬〜中旬

市街地近くで気軽に紅葉狩りを

越後三山や信濃川が一望でき、見晴らしの良い公園として親しまれている。桜の名所として名高いが、秋色に染まった園内も魅力的。色とりどりの木々を眺めながら、山頂へと続く坂道を散策してみては。

施設情報

住所

小千谷市船岡

TEL 0258-83-3512(小千谷市観光交流課)
営業時間 終日開放
定休日 なし
駐車場 60台

国上山 (燕市国上)

見頃:10月下旬〜11月中旬

親子で楽しみたい秋一色の登山ルート

標高313メートル、初心者でも安心の登山ルートには、良寛ゆかりの五合庵や越後最古の寺といわれる国上寺が点在。晴れていれば頂上から日本海に浮かぶ佐渡島や能登半島が見えることも。

施設情報

住所

燕市国上

TEL 0256-92-1111(燕市役所)
駐車場 60台

奥只見湖 (魚沼市湯之谷芋川)

見頃:10月中旬〜11月上旬

船上から楽しめる深紅に染まる秘境の美景

山麓から山頂まで徐々に色づく紅葉を堪能できる県内屈指の絶景スポット。湖上を進む遊覧船からは赤く染まる山々や、湖面の水鏡に映る紅葉を間近に望むことができる。

施設情報

住所

魚沼市湯之谷芋川

TEL 025-792-7300(魚沼市観光協会)
営業時間 終日開放(冬期閉鎖期間あり)
駐車場 700台

六十里越峠 (魚沼市大白川付近)

見頃:10月上旬〜11月上旬

多彩な紅葉を一度に観賞

魚沼市と福島県只見町を結ぶ国道。麓から最高部までの標高差があるため、紅葉期間が長く、峠へ向かいながら「はしり、さかり、なごり」を楽しめる。

施設情報

住所

魚沼市大白川付近

TEL 025-792-9754(魚沼市産業経済部商工観光課)
営業時間 終日開放 ※冬季閉鎖
駐車場 なし

しゃくなげ湖 (南魚沼市舞台)

見頃:10月中旬〜11月上旬

湖面に映し出される紅葉色

大小の岩を積み重ねて造ったロックフィル式の「三国川ダム」による湖。水面に映る紅葉が美しい。ダムを解説する情報館やオートキャンプ場などがあり、楽しみ方は多様。

施設情報

住所

南魚沼市舞台

TEL 025-774-2200(しゃくなげ湖畔開発公社)
駐車場 あり

五十沢渓谷 (南魚沼市舞台)

見頃:10月中旬〜11月上旬

渓谷のブルーとのコントラストは必見

十字峡から三国川上流へ続く渓谷。渓谷に沿って遊歩道が整備され、10分ほど歩くと山肌から糸のように三国川へと流れ落ちる「虹の滝」が広がる。滝と紅葉が織り成す風景は壮観。

施設情報

住所

南魚沼市舞台

TEL 025-774-2200(しゃくなげ湖畔開発公社)
定休日 降雪状況により冬期閉鎖
駐車場 あり

八海山ロープウェー (南魚沼市山口)

見頃:10月中旬〜11月上旬

空中散歩で楽しむ魚沼の美しい景観

全長2,217メートル、81人乗りのロープウェー。魚沼や上信越の山々を眼下に、晴れた日は日本海や佐渡島まで見渡せる。赤く色づく八海山が夕日に照らされ輝く光景は、心が洗われる美しさ。山頂駅の展望台から、大パノラマを満喫しよう。

施設情報

住所

南魚沼市山口1610

TEL 025-775-3311
営業時間 8時30分〜15時20分(下り最終16時)
定休日 なし
駐車場 1,000台
備考

料金:10/1〜11/8は大人2,200円、小人1,100円

巻機山登山口 (南魚沼市清水)

見頃:10月中旬〜11月上旬

機織り女神伝説の山で紅葉を満喫

「日本百名山」に選ばれる巻機山は、機織りの女神の伝説とともに親しまれている山。頂上を目指さなくとも、桜坂駐車場近くの登山口周辺でも、雄大な風景を眺められる。

施設情報

住所

南魚沼市清水

TEL 025-773-6665(南魚沼市商工観光課)
駐車場 60台(桜坂駐車場1日500円)

魚沼スカイライン (南魚沼市〜十日町市)

見頃:10月中旬〜11月上旬

大パノラマの紅葉の中をドライブ

八海山や巻機山、谷川連峰、十日町の河岸段丘などを見渡せる大パノラマは絶景。魚沼丘陵を尾根づたいに走る約20キロの観光ロードで、各所に展望台が整備されている。

施設情報

住所

南魚沼市余川・小栗山〜十日町市十二峠

TEL 025-783-3377(南魚沼市観光協会)
営業時間 終日開放 ※冬季閉鎖
駐車場 約50台(各展望台に分散)

清津峡 (十日町市小出)

見頃:10月中旬〜11月上旬

川のせせらぎを聞きながら峡谷美を満喫

清津川を挟んで切り立つ巨大な柱状節理の岸壁が大峡谷を作り出す、日本三大峡谷の一つ。艶やかに色づいた木々が岩肌に生い茂り、トンネル最奥にあるパノラマステーションでは、幻想的な空間が広がっている。

施設情報

住所

十日町市小出

TEL 025-763-4800(清津峡渓谷トンネル事務所)
営業時間 8時30分〜17時(最終入坑16時30分)
定休日 なし
駐車場 155台
備考

料金:大人800円、小中学生400円 ※イベント時は変更の場合あり

秋山郷 (中魚沼郡津南町〜長野県栄村)

見頃:10月中旬〜11月上旬

越後と信濃にまたがる秘境の秋景

津南町と長野県栄村にまたがって集落が点在する山間地。県内屈指の紅葉の名所で、清流と山々が約20キロに渡って織り成す景観は、まさに圧巻。温泉地やドライブスポットとしても人気。

施設情報

住所

中魚沼郡津南町穴藤〜長野県栄村切明

TEL 025-765-5585 (津南町観光協会)
営業時間 終日開放
駐車場 なし

大源太湖 (南魚沼郡湯沢町土樽)

見頃:10月中旬〜11月上旬

湖×山々が織り成す雄大な自然美

東洋のマッターホルンと呼ばれる大源太山を望むダム湖。水鏡に写る山の景色は息をのむほどの美しさ。カヤックに乗って湖上からの自然美を楽しむのも、この時季ならでは。周囲1.5キロほどの遊歩道をのんびり散策するのも気持ちいい。キャンプ場やイタリアンレストランなどもある。

施設情報

住所

南魚沼郡湯沢町土樽

TEL 025-785-5505(湯沢町観光協会)
駐車場 100台

苗場ドラゴンドラ (南魚沼郡湯沢町三国)

見頃:10月中旬〜11月上旬

約25分間の空中散歩で雄大な景色を堪能して

片道約25分の道のりをアップダウンしながら進んでいく、日本最長5,481メートルのゴンドラ。一番の絶景ポイントでは、紅葉の中に飛び込んで行くような急降下を体感できる。

施設情報

住所

南魚沼郡湯沢町三国202

TEL 025-789-4117(苗場スキー場)
営業時間 10月10日(土)〜11月3日(火・祝)8時30分〜14時30分最終受付(下り最終16時)
定休日 期間中無休
駐車場 あり
備考

料金:大人3,000円、小学生1,500円

高田城址公園 (上越市本城町)

見頃:11月上旬〜下旬

高田城を秋色に彩るサクラの紅葉も必見!

夜桜の名所として知られる高田城址公園。公園周辺も含めて、約4,000本のサクラが一斉に色づき、高田城の三重櫓や堀の風景とマッチ。春とはひと味違った風景を堪能して。

施設情報

住所

上越市本城町

TEL 025-526-5111 (上越市都市整備課)
営業時間 終日開放 ※三重櫓は9時〜17時
定休日 なし ※三重櫓は月曜(祝日の場合は翌日)、12/29〜1/3
駐車場 850台

いもり池 (妙高市池の平温泉)

見頃:10月下旬〜11月上旬

赤々とした山脈が水面に映り込む

妙高に来たら一度は訪れてほしい名所。紅に染まった木々が池を彩り、天候に恵まれれば水面に赤々とした妙高山が映し出され、絶好の撮影スポットに。水面にくっきりと浮かび上がる姿は必見。

施設情報

住所

妙高市池の平温泉

TEL 0255-86-3911(妙高高原観光案内所)
駐車場 100台

海谷渓谷 (糸魚川市御前山)

見頃:10月中旬〜11月上旬

海川のせせらぎと間近で眺める秋の渓谷美

海川上流に位置し「越後の上高地」とも呼ばれる渓谷。その昔、大規模な土砂滑りによりできたとか。秋には雄大な紅葉の風景と海川のせせらぎを満喫することができる。

施設情報

住所

糸魚川市大字御前山

TEL 025-552-0268 (西海地区公民館)
営業時間 5月上旬〜11月上旬
定休日 なし
駐車場 33台

苗名滝 (妙高市杉野沢)

見頃:10月中旬〜下旬

絶景スポットでパワーをもらおう

約55メートルもの高さからごう音とともに水が流れ落ちる名瀑(めいばく)。柱状節理の迫力ある岩壁と、休むことなく舞い上がる水しぶきにパワーをもらえる景勝地。駐車場から約15分、整備された遊歩道を進むと滝に到達。途中にある吊り橋からの眺めもおすすめ。

施設情報

住所

妙高市杉野沢

TEL 0255-86-3911(妙高高原観光案内所)
駐車場 100台

惣滝 (妙高市燕温泉)

見頃:10月中旬〜下旬

徒歩20分のプチ秘境でリフレッシュ

標高1,100メートルの燕温泉街から、山中を約20分歩くと到着するプチ秘境。妙高山の噴火で生まれた自然の造形美。落差80メートルから打ちつけるダイナミックな滝の流れは見応え抜群。豊富な水量と高さを誇る滝と、岩肌を染め上げる紅葉の美しさを、展望台から眺められる。

施設情報

住所

妙高市燕温泉

TEL 0255-86-3911(妙高高原観光案内所)
駐車場 50台

不動滝(妙高市関温泉)

見頃:10月中旬〜下旬

滝と紅葉が生み出す見事な自然美

関温泉に程近い渓谷、「不動橋」の下にある不動滝。白い水しぶきを上げて流れ落ちる滝が、周辺の紅葉と相まって美しい景観を生み出す。滝つぼまで近づいて下から見上げるのもおすすめ。

施設情報

住所

妙高市関温泉

TEL 0255-86-3911(妙高高原観光案内所)
営業時間 終日開放(問い合わせは9時〜17時)
駐車場 なし

春日山城跡 (上越市中屋敷)

見頃:11月上旬〜下旬

身も心も秋に浸れる見事な景色

戦国時代の名将・上杉謙信の居城として知られる。秋にはカエデを中心とした木々が赤や黄色に染まる。黄金色の一本イチョウは一見の価値あり。

施設情報

住所

上越市中屋敷ほか

TEL 025-545-9269(上越市教育委員会文化行政課)
駐車場 30台

白馬岳蓮華温泉ロッヂ (糸魚川市大所)

見頃:10月上旬〜中旬

野趣あふれる野天風呂で絶景を堪能

上杉謙信の隠れ湯ともいわれる蓮華温泉は、標高1,475メートルに位置する、まさに雲上の秘湯。源泉が異なる4つの野天風呂で、紅葉の絶景を眺めながら湯あみができる。

施設情報

住所

糸魚川市大字大所991

TEL 090-2524-7237(蓮華温泉ロッジ)
営業時間 6月下旬〜10月18日の9時半〜17時(最終受付17時)期間中無休
駐車場 70台
備考

料金:入浴料大人800円、小学生以下500円(外湯のみ大人500円、小学生以下200円)、タオル販売250円、1泊2食付大人10,000円、小人8,000円

関連記事

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!