公開日2021.03.09
最終更新日2021.03.12

心ときめく旬のスイーツ。新潟の「いちごパフェ」11選

心ときめく旬のスイーツ。新潟の「いちごパフェ」11選
公開日2021.03.09
最終更新日2021.03.12

心ときめく旬のスイーツ。新潟の「いちごパフェ」11選

冬から春にかけて旬をむかえるいちご。いま、県内各地のカフェなどで、いちごをふんだんに使ったスイーツが続々と登場しています。今回は、おいしくて見た目もかわいい「いちごパフェ」を厳選してご紹介。今だけのおいしさをめがけて、おでかけしてみませんか?


GIVE ME CHOCOLATE

●ストロベリーパフェ 1,500円
※提供は3月上旬〜5月末まで

とにかくかわいくて最高!幸せになれる欲張りパフェ
今年15周年を迎えた新潟のカルチャーシーンを代表するカフェ。360°いちごで埋め尽くされたフォトジェニックなパフェは、毎年多くのファンが殺到する人気メニュー。フレッシュで大きなサイズの越後姫をメインに、濃厚なバニラアイス、ヨーグルトをバランスよくイン。食べ進めるうちに、甘酸っぱいラズベリーソースと果肉感たっぷりの自家製ストロベリーソースが混ざりあい、あっという間に平らげてしまう至福のおいしさ。

広い空間を生かしたスタイリッシュな雰囲気。ハイセンスなオリジナルグッズも並ぶ。

店舗情報

店舗名 GIVE ME CHOCOLATE(ギヴミーチョコレート)
住所

新潟市中央区万代1-2-3 コープ野村万代1F

TEL 025-385-6303
営業時間 11時〜20時※金・土曜・祝前日は22時まで
定休日 月曜※祝日の場合は翌日
席数 45席
駐車場 なし

パンとおやつ 奥阿賀コンビリー

●越後姫のグラスデザート 1,320円
※提供は3月末まで

越後姫×ピスタチオ。息をのむほど美しい春色スイーツ
素材の風味を生かしたパンや焼き菓子が並ぶこちら。遠方からもファンが訪れる季節のグラススイーツは、東京でパティシエとして腕を磨いた奥様のセンスが光る一品。旬の越後姫を中心に、香り高いピスタチオや阿賀町の名産・オニグルミを合わせ、酸味と甘みの絶妙なバランスをグラスの中で見事に作り上げている。

ブルーグレーを基調としたおしゃれな店内。店頭にずらりと並ぶ香り高いパンを一緒に楽しんでもOK。

店舗情報

店舗名 パンとおやつ 奥阿賀コンビリー
住所

東蒲原郡阿賀町津川3668

TEL 0254-92-7100
営業時間 10時〜17時(カフェは15時LO)
定休日 火・水曜
席数 16席
駐車場 6台

農園のカフェ厨房 TONERIKO

●そら野の越後姫パフェ 858円
※提供は5月末まで。テイクアウトの場合は842円

朝摘みの越後姫が主役!いちごを食べるためのパフェ
農園・そら野テラスの敷地内にあるカフェ。グラスの頂点でツヤツヤと輝く越後姫は、隣接するいちごハウスで毎朝摘み取る上質な越後姫。いちごの魅力を最大限引き出すため、合わせる要素は極力シンプルに。ジューシーでやわらかな食感、芳醇な香りといった越後姫ならではの味わいを満喫できるいちご好き必食の一品。

大きな窓から光が入る店内は、ゆったりとくつろげる雰囲気。温かい時期には、テラス席も利用できるように。

店舗情報

店舗名 農園のカフェ厨房 TONERIKO
住所

新潟市西蒲区下山1320-1(そら野テラス内)

TEL 256-78-7515
営業時間 10時〜17時(16時LO)※ランチ11時〜14時
定休日 火曜
席数 22席
駐車場 30台

Cafe de parfum

●季節のパフェ(いちご) 858円
※提供は6月末まで

素材のおいしさが際立つケーキ仕立ての一品
人気ケーキ店「Un petit parfum」のイートインカフェ。季節のフルーツをフィーチャーしたパフェの中でも、絶大な人気を誇るいちごバージョンが今年も登場。コク深いミルク感がたまらない生クリームや、キメが細かくしっとりとしたスポンジなど、一つ一つの要素のおいしさが際立つ、パティスリーならではの仕上がり。

パティスリーの2階にあるカフェスペース。スイーツのほか、ピザトーストなど食事メニューも楽しめる。

店舗情報

店舗名 Cafe de parfum(カフェドパルファン)
住所

新潟市江南区亀田向陽1-2-5 POINT5 BLD. 2F

TEL 025-381-8360(Un petit parfum)
営業時間 10時30分〜17時30分(17時LO)
定休日 不定休
席数 20席
駐車場 14台

たまごsweets cafe 中条たまご直売店

●季節のたまごパフェ「越後姫」 1,320円
※提供は4月末まで

新鮮な卵と越後姫が織り成す至福のハーモニー
「中条たまご農場」が手掛けるスイーツショップ。新作が登場するたびに話題を集める季節のフルーツパフェの春の主役は、存在感のある越後姫。中には、卵の風味を生かしたシフォンケーキやコクのあるブランマンジェを重ね、満足感のある味わいに。アイスクリームが入っていないテイクアウト仕様(648円)も用意している。

開放感のあるカフェスペースでは、定番スイーツはもちろん、イートイン限定メニューを楽しむことも。

店舗情報

店舗名 たまごsweets cafe 中条たまご直売店
住所

新潟市中央区長潟字新田前1205-2

TEL 025-257-1105
営業時間 10時〜18時
定休日 なし
席数 20席
駐車場 25台

&CAFE

●越後姫のパフェ 1,738円
※提供は6月上旬まで

中までフレッシュいちごがたっぷり!花咲く越後姫のパフェ
朝から夜まで楽しめるJR新潟駅直結のカフェ。数あるメニューの中でも人気が高い旬のフルーツを主役にしたパフェが、春は越後姫仕様に。ジューシーな果肉が入った練乳ソフトクリーム、爽やかな風味のレモンゼリーがいちごの濃厚な甘みを引き立てる。テイクアウトもできる「越後姫のフルーツサンド」(748円)も好評。

カウンター、テーブル、ソファ席のある店内。Wi-Fi、コンセント完備で仕事をしにくる人も多いそう。

店舗情報

店舗名 &CAFE(アンドカフェ)
住所

新潟市中央区弁天1-1-26 オセオ弁天2F

TEL 025-248-1070
営業時間 7時〜20時(金・土曜・祝前日は24時まで)
定休日 なし
席数 36席
駐車場 なし

Lotus Cafe

●生チョコとイチゴのスムージーパフェ 1,000円
※提供は3月中旬まで

グラスの中に広がるいちごの多彩な楽しみ方
昼はカフェ、夜はバルとしてオールマイティーに使えるアジアンダイニング。「いろんないちごの表情を楽しんでほしい」という思いから生まれたパフェは、一口サイズのいちごと多彩な要素のコンビネーションで、食べ進める事に味わいが変化する一品。いちごの魅力を堪能できる構成で、ペロリと食べられる。

アジアンテイストのインテリアでまとめられた開放感のある店内。子ども用いすもあり、ファミリーやママ会にも安心。

店舗情報

店舗名 Lotus Cafe(ロータスカフェ)
住所

新潟市西区大学南2-7-51

TEL 025-262-3131
営業時間 11時〜24時(金・土曜・祝前日は〜深1時)※各1時間前フードLO、30分前ドリンクLO
定休日 不定休
席数 90席
駐車場 5台

喫茶 つばめや

●気まぐれ季節のパフェ(いちご) 800円
※提供は4月末まで

大胆に盛り付けたいちごを心ゆくまで堪能できるビッグサイズ
自家焙煎とハンドドリップにこだわったコーヒーを楽しめる喫茶店。「いちごをたくさん食べてほしい」との思いから、その時季においしいいちごを1パック近く使うパフェは、品種に合わせて底に入れるソースを変え、全体のバランスを調節している。甘酸っぱいシャーベットとコクのあるヨーグルトも相性抜群!

ぬくもりを感じる居心地のよい店内では、地元作家のアート作品の展示やニット雑貨の販売もしている。

店舗情報

店舗名 喫茶 つばめや
住所

燕市桜町5

TEL 0256-66-0123
営業時間 11時〜16時
定休日 日・月曜、祝日
席数 10席
駐車場 23台

ビストロ&Cafe 六朝館

●いちご&ヨーグルトパフェ 990円
※提供は4月中旬頃まで

越後姫の甘みを際立たせるすっきり爽やかな脇役たち
本格的な洋食を味わえるカフェレストラン。毎年人気のいちごパフェに今年は爽やかな味わいのメニューが仲間入り。マスカルポーネクリームのまろやかなコクが越後姫の風味を引き立て、赤ワインジュレとヨーグルトの程よい酸味で最後まで飽きずに楽しめる。定番の「いちご&チョコレートパフェ」と食べ比べてみて。

大きな窓から光が射し込む明るい店内は落ち着いた雰囲気。併設の美術館では無料でアート鑑賞を楽しめる。

店舗情報

店舗名 ビストロ&Cafe 六朝館(リクチョウカン)
住所

燕市井土巻2-2

TEL 0256-66-3388
営業時間 10時30分〜19時(18時LO)
定休日 水曜
席数 30席
駐車場 30台

和食カフェ えん

●いちごづくしパフェ 1,100円
※提供は5月中旬頃まで

アイス、グラノーラ、生クリーム…どこを食べてもいちごが香る定番パフェ
手の込んだ本格的な和食ランチを気軽に楽しめると評判のこちら。大粒のいちごの断面が美しいパフェには、あえて酸味のあるいちごを使用。2種のアイスや自家製ジャム、生クリームは甘さたっぷりに仕上げ、酸味と甘みのコントラストを見事に演出している。お店自慢のコーヒーと一緒にゆっくり味わおう。

カウンターとテーブルのほか、子ども連れにうれしい小上がりも用意している。テイクアウトメニューも充実。

店舗情報

店舗名 和食カフェ えん
住所

燕市水道町3-19-21

TEL 0256-64-8315
営業時間 9時〜18時※金・土曜は11時〜15時、17時〜22時、日曜は11時〜18時
定休日 月曜、第3日曜(月曜が祝日の場合休み)
席数 27席
駐車場 16台
備考

「いちごづくしパフェ」をテイクアウトする場合は1,080円※袋代別途必要


魚沼スイーツガーデン NATURA

●ICHIGO DARAKE 2,178円
※2日前までに要予約。提供は4月末まで

完熟いちごを1パック使用!旬を頬張る贅沢パフェ
県産素材を生かしたスイーツが並ぶショップ&カフェ。旬の完熟いちごを約1パック分のせた、高さ25センチの特盛りパフェは、名前のとおり、どこを食べてもいちごだらけ。2種類の濃厚なアイスクリームの味わいがジューシーないちごのおいしさを引き立て、ボトムに入った甘酸っぱいゼリーが爽やかな余韻を残してくれる。

北欧のガーデンをイメージした店内は、写真映えも◎。ピザやパスタといった食事メニューもぜひ。

店舗情報

店舗名 魚沼スイーツガーデン NATURA(ナトゥーラ)
住所

南魚沼市姥島新田701

TEL 025-788-0588
営業時間 9時〜17時、カフェ11時〜17時※土・日曜・祝日、特定日は20時まで(各30分前LO)
定休日 なし
席数 38席
駐車場 20台
備考

3月まで土・日曜・祝日のみの営業※状況により、変更の場合あり

※掲載情報は2021年2月12日時点のものです。

この記事を書いた人
やまざき

温冷浴にハマってます。温泉&銭湯大好き。神社と猫も好き。好物はスパイスカレーです。酒豪に見られますがお酒は飲めません。

関連記事

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!