公開日2021.05.21
最終更新日2021.05.21

「安心感」で選ぶならこのサービス! 新潟県が運営する婚活マッチングシステム『ハートマッチにいがた』で結婚する人が増えています。

「安心感」で選ぶならこのサービス! 新潟県が運営する婚活マッチングシステム『ハートマッチにいがた』で結婚する人が増えています。
公開日2021.05.21
最終更新日2021.05.21

「安心感」で選ぶならこのサービス! 新潟県が運営する婚活マッチングシステム『ハートマッチにいがた』で結婚する人が増えています。

Sponsoredハートマッチにいがた │ 本記事は広告です。

 新潟県が運営する婚活マッチングシステム『ハートマッチにいがた』をご存じですか?

 オンラインとオフラインを組み合わせた婚活支援サービスで、登録者は約4,000人(2021年4月現在)。大半が新潟在住・在勤で、結婚後も新潟で暮らしたいと考える会員が集まる、いわば新潟県民のための婚活システムなんです。マッチングアプリや婚活パーティーが流行している現在の婚活シーンの中でも着実に成果を上げており、開設から約4年半で成婚者は100組を突破。「新潟で家庭を築きたい」と婚活を進める人からの支持を集めています。

 そんなハートマッチにいがたですが、いったいどんなシステムなのでしょうか? 特徴と利用の流れはこんな感じです。

特徴

@ 新潟県が運営している
A 登録者のほとんどが新潟県民
B『独身証明書』を提出した登録者のみが在籍
C 2人の関係づくりをフォローする「マッチングサポーター」が在籍

D 高度なプライバシー保護の仕組み

利用の流れ

STEP1:入会申し込み

サイト上で仮登録を行った後、県内3か所(新潟市・長岡市・上越市)のサポートセンターを訪れ、会員登録。

STEP2:相手探し

サポートセンター or サイト上で相手探しを行い、好みの相手を見つけたら「引き合わせ」を申請。

STEP3:引き合わせから交際へ

相手からOKが出たら、マッチングサポーターの調整により対面。サポーターを介して交際意思の確認をした後、交際を開始。

 

詳しい話を聞きに「にいがた出会いサポートセンター」へ!

にいがた出会いサポートセンターが入っている「万代シルバーホテルビル」。
万代シルバーホテルビルの入口はマクドナルド、ミスタードーナツの並びにある。
歩道に出ている看板が目印。
「にいがた出会いサポートセンター」はエスカレーターを上がった2階の突き当たり。

 着実に成果を上げる「ハートマッチにいがた」にはどんな秘密があるのでしょうか? もっと詳しい話を聞きたい!ということで、県内に3か所あるサポートセンターのうちの1つ「にいがた出会いサポートセンター」(新潟市万代)に行ってきました!

チーフコーディネーターの小野澤裕子さん。100組超の成婚者を結婚に導いてきたベテラン。

 素敵な笑顔で出迎えてくれたのはチーフコーディネーター小野澤裕子さん。膨大な数のカップルの引き合わせ(対面)と成婚をアシストしてきたハートマッチにいがたを統括するキーマンであり、登録者たちのお母さん的存在です。

 小野澤さん「ようこそお越しくださいました。 なんでも聞いてくださいね〜。」

――よろしくお願いいたします! さっそくですが、現在の登録者数を教えてください。

  小野澤さん「おかげさまで、延べ登録者数は3,950人、お引合せ件数は1,321件、ご成婚者は108組(3月31日現在)になりました。登録者さんの大半が新潟県民なんですよ」

――成婚100組を達成できた要因はなんだと思いますか?

 小野澤さん「1つ目は、新潟県が運営しているという安心感が浸透して、特に20代〜30代の登録者さんが増えたことですね。2つ目は、ねばり強く努力する登録者さんが増えたこと。すでに成婚された方が、活動中に悩んだこと・努力したことなどを体験談として公表してくれているのですが、こうした体験談が後に続く方の助けになっているんです。最後はマッチングサポーター(※)の存在です。思いやりをもってカップルに寄り添い、時には背中を押してくれる。なくてはならない存在です」

※お互い初対面となる引き合わせに同席するほか、2人のやり取り・交際をさまざまな面からサポートする担当員。引き合わせ時の服装や話題の提案のほか、交際での困りごとや不安な点なども相談できる。

サポートセンター内には登録手続きやプロフィール閲覧を行う4つの個室を用意。
個室ごとにパーテーションで仕切られているため、プライバシーも守られる。

――成婚された方の経験が、後に続く皆さんのヒントになり、成婚者さんを増やしていくという、良い循環があるんですね。近年はマッチングアプリ婚活パーティーも流行していますが、そんな中で「ハートマッチにいがた」を選ぶべき理由を教えてください。

 小野澤さん「ズバリ『安心・信頼』です。 たとえば、ハートマッチにいがたの会員登録には『独身証明書』の提出が必須なんです。聞き慣れない言葉に感じられるでしょうが、本籍地の自治体が発行する公式の証明書なんですよ。こうしたものに代表されるように、『自分の身分をきちんと証明できる会員だけが在籍している』というポイントは、新潟県が運営するハートマッチにいがたならではの強みです」

――「独身証明書」は初耳でした! 自治体と連携しているサービスだけに、プロフィールを偽ることができないんですね。実際にサービスを使われている会員さんに特に喜ばれているポイントを教えてください。

 小野澤さん「自分のペースで婚活を進められるという点が喜ばれています。ハートマッチにいがたでは、サイト上で雇用形態・職業・年収はもちろん、同居についての考え方など、面と向かっては聞きづらいことも確認できるので、自分の希望する条件とすり合わせながら、じっくりと相手探しができるんです」

 小野澤さん「同じく、マッチングサポーターの存在も多くの皆さまからお褒めいただくポイントです。ハートマッチにいがたではセキュリティーの観点から、初顔合わせ時はもちろん、交際が始まるまでは名前や連絡先といった個人情報は相手に開示されない仕組みになっています。ですから、言葉を交わしたことのない2人の初対面となるお引合せ時には、同席するマッチングサポーターが2人の緊張をほぐし、仲を取り持つ役目を果たします。その後、交際が始まった後にもマッチングサポーターが2人の関係づくりをあらゆる面からサポートします。成婚者にとっては仲人のような存在ですね」

――2人とともに歩むマッチングサポーター。まさに仲人のような存在ですね。次に、コロナ禍における対策を聞かせてください。婚活シーンにも大きな影響を与えているかと思うのですが…。

 小野澤さん「県外で進学・就職をしたが、Uターンを機に婚活を進めたいと希望している方も多くいらっしゃいます。そんな方向けにZoomを使ったお引合せをスタートしました。今後、希望者には自宅にいながら会員登録やお引き合わせの申し込みがいただけるよう、サービス改善を進めています」

 小野澤さん「設備面では、付着したウイルスを不活性化する光触媒コーティング加工を施設内の設備に施しているほか、毎日触れるタブレットやボールペン1本1本にまでアルコール消毒を行っています。もちろんアクリル板の設置、マスク・検温のルール化も実施していますから、安心して来所いただけます」

――時代に合わせて柔軟にサービスを変化させているんですね。ハートマッチにいがたを卒業した成婚者さんたちのその後についてお聞かせください。

 小野澤さん「成婚なさった方たちが時々センターを訪問してくれるのですが、目を合わせる姿が初々しく、幸せそうで、こちらもウキウキします。お子さんを連れてきてくださるカップルもいらっしゃいます。ハートマッチにいがたには、単なる出会いではなく、『結婚したい』『家庭を築きたい』と願う登録者さんが多いということの現れだと思っています」

――最後に、ハートマッチにいがたの今後の展望を教えてください。

 小野澤さん「5年後・10年後に、どのような人に隣にいてほしいかを本音と本気でじっくり考え、行動してもらう。地道で時間のかかるやり方ですが、これがハートマッチにいがたの姿勢です。電車に乗るために駅へ向かうことが当たり前であるように、『新潟で婚活するならハートマッチへ』が新潟の当たり前になるよう、がんばっていきます」


成婚者の声

 ハートマッチにいがたを通して出会い、成婚したカップルさんの体験談をお聞きすることができました。サービス利用者だからこそ感じる生の声をぜひ参考にしてください。

― 2021年2月に入籍された、MさんYさんご夫婦からのメッセージ ―

Mさん(男性)
 
新潟県が運営している=個人情報がしっかりと管理されているということが決め手になり、ハートマッチにいがたを選びました。登録前に問い合わせをした際にも暖かく丁寧に応対していただき、『このサービスを選んでよかった』と感じましたね。彼女との初顔合わせの日は、とても緊張しながら引き合わせ場所を訪れました。同席していただいたサポーターの方にうまく話題を引き出していただいたこともあり、あっという間の1時間。彼女の暖かさに触れ、『また話をしてみたいな…』と考えながら川沿いを散歩して帰ったことを思い出します。その後、仕事帰りに一緒に食事をしたり、弥彦に紅葉を見に行ったりする中で彼女と家庭を作りたいと思うようになり、プロポーズ、入籍に至りました。これからは2人で協力して『帰りたくなる家庭』を育んでいきます」

Yさん(女性)
 
 「ハートマッチにいがたには本当に多くの会員が在籍しており、毎回、プロフィール閲覧が終わると疲れてしまうほどでしたが、そのおかげで多くの人の中から自分に合う相手を探すことができました。来所時にはスマートフォンなどの私物はロッカーに預けるというルールがあるため、サポートセンターで得た情報を会員が自分のスマートフォンに保存するということはできません。こうしたプライバシーへの配慮もハートマッチにいがたの良いところですね。結婚だけがすべてではないという思いで活動をしていましたが、最後には『結婚したい』と強く思える人と出会うことが出来ました。入籍は出会いから半年後。食の好みが合うところ、お互い旅好きなところなどがポイントでした。入籍まではあっという間でしたが、これからの人生は2人でゆっくりと歩んでいきます」


取材を終えて

 マッチングアプリや婚活パーティーなど多くの婚活支援サービスがある中で、多くの人がハートマッチにいがたを選ぶのは、他にはない「安心感」があるからでした。新潟県が運営していること、プライバシー対策が万全であること、独身証明書が必須であること、サポーターの方々が誠実で親身であること、すべてが登録者の「安心」に向けられているからこそ、着実に成婚者を増やし続けることができるんですね。 「新潟で真剣な婚活を」と願う方には特におすすめですよ。

施設情報

施設名 ハートマッチにいがた
住所 1)にいがた出会いサポートセンター
新潟市中央区万代1-3-30 万代シルバーホテルビル2階
 
2)長岡臨時サポートセンター
長岡市台町1-8-18 カンコービル2F
 
3)上越臨時サポートセンター
上越市中央1-3-18 直江津学びの交流館内
TEL 025-384-4151
営業時間 1)にいがた出会いサポートセンター
月・水曜、第2・4・5木曜 11時〜19時
日・祝日 10時〜18時、土曜 10時〜20時

2)長岡臨時サポートセンター
日・月曜・第2・4・5木曜 10時〜18時

3)上越臨時サポートセンター
※月2回程度開設 詳細は公式HP参照
定休日 施設により異なる
外部リンク https://www.msc-niigata.jp/matching/

関連記事

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!