公開日2021.09.14
最終更新日2021.09.15

「楽久の味は俺たちが守る!」ハイスタの難波さん率いる『楽久プロジェクト』がついに始動

「楽久の味は俺たちが守る!」ハイスタの難波さん率いる『楽久プロジェクト』がついに始動
公開日2021.09.14
最終更新日2021.09.15

「楽久の味は俺たちが守る!」ハイスタの難波さん率いる『楽久プロジェクト』がついに始動

先日、11月28日をもって閉店することを発表した、新潟市西区の老舗ラーメン店「楽久」。

この名店の味を守るため、Hi-STANDARD / NAMBA69(ハイスタンダード / ナンバシックスティーナイン)の難波章浩さんが「楽久プロジェクト」を立ち上げました。

もともとこちらのお店の常連だった難波さん。女将さんから閉店の話を聞き、「新潟が誇るこの味をここで途絶えさせてしまっていいのだろうか?」「自分に何かできないだろうか?」と考え、門外不出の味を継承することに決めたそうです。

プロジェクトのメンバーは、岩室温泉にあるイタリアレストラン「KOKAJIYA」の熊倉さん、同じく岩室にある焼き鳥のお店「とり蔦」岩田さん、店舗の改装を担当する建築士の齊藤さん。今後は修繕や設備に充てるため、クラウドファンディングも予定しているそう。皆さんでどんなお店を作り上げていくのか、今から楽しみですね!

現在、新店舗の店長を募集中。

「美味しいラーメンを届けたい。大切なものを受け継ぎ、しっかりと繋いでいきたい」。この難波さんたちの熱い想いに共感し、挑戦してみたいという方はぜひ!9月30日まで応募が可能です。

詳細は「楽久プロジェクト」ホームページをご覧ください。
https://rakkyuproject.wixsite.com/website

この記事の画像

この記事を書いた人
やまざき

温冷浴にハマってます。温泉&銭湯大好き。神社と猫も好き。好物はスパイスカレーです。酒豪に見られますがお酒は飲めません。

関連記事

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!