公開日2021.11.21
最終更新日2021.11.21

新潟が誇る銘酒「雪中梅」の酒かすがたっぷり!たんぽぽラーメンのみそラーメン登場 新潟の人気ラーメンをお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」

新潟が誇る銘酒「雪中梅」の酒かすがたっぷり!たんぽぽラーメンのみそラーメン登場 新潟の人気ラーメンをお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」
公開日2021.11.21
最終更新日2021.11.21

新潟が誇る銘酒「雪中梅」の酒かすがたっぷり!たんぽぽラーメンのみそラーメン登場 新潟の人気ラーメンをお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」

ラーメン王国新潟の人気ラーメンを「いつでも」「どこでも」食べられる「宅配にいがた麺の市」。Komachi編集部が推薦する新潟五大ラーメンやミシュランガイド新潟2020特別版掲載など、行列は当たり前の人気店が20軒以上参加する通販サイトです。

今回はその中のオススメラーメンをご紹介。

たんぽぽラーメン「元祖雪室酒かすみそラーメン」の購入はコチラ!
https://www.mennoichi.com/shopdetail/000000000017/

たんぽぽラーメン「元祖雪室酒かすみそラーメン(かんずり付き)」

新潟Komachi編集部のオススメPOINT
●新潟が誇る銘酒「雪中梅」の酒かすがたっぷり!
●地元の雪室熟成みそや塩辛などをブレンドした特製ダレ
●しょうゆ麹でうま味が増した「発酵チャーシュー」
●ご当地調味料「かんずり」付き

歯を受け止めるような独特の食感を楽しめる熟成麺

国産小麦を使用した麺はややウェーブがかかっていてスープとの絡みは抜群。しっかり熟成させているため歯を受け止めるような独特の食感があり、かむたびにスープのうま味が口の中にあふれる。

乳酸菌発酵でうま味倍増! 完成までに3日かける発酵チャーシュー

ラーメンのチャーシューといえば煮込んだ後にタレにひと晩程度漬け込むのが一般的な作り方だが、たんぽぽラーメンのチャーシューは完成までに3日間を要する。漬け込むのはしょうゆ麹を加えた特製ダレ。

味を染み込ませるのではなく、麹による乳酸期発酵で3日間かけてタンパク質を分解しアミノ酸を作り出すので、肉のうま味が強いのが特徴だ。ニンニクやショウガを使わないので、上品な味に仕上がるのも特徴。

スープには地元上越の「発酵のチカラ」が満載

ダシは大量の香味野菜や牛スジなどから取ったあっさりテイスト。これに合わせるみそダレがこちらの真骨頂。雪室(天然雪を貯蔵した大型冷凍倉庫)で熟成し、うま味を増した地元産みそにショウガや塩辛を加えて熟成した特製ダレにレンゲ1杯分の酒かすをプラス。この酒かすが味の要だ。酒どころ新潟でもその名を知られる上越市・丸山酒造場の「雪中梅」の酒かすを使用。淡麗旨口で知られるマイルドな飲み口の清酒の酒かすがスープにさらなるコクとまろやかさを引き出す。

酒かす、かんずり、みそ…上越の魅力をラーメンを通して発信

たんぽぽラーメンのある上越市三和区は、北陸新幹線上越妙高駅や北陸道上越インターからほど近くに位置する農村地帯。昔から日本酒やみその蔵があり、今回の「元祖雪室酒かすみそラーメン」に使う酒かすも地元では古くから親しまれている食材だ。

「地元ではみそ汁に酒かすを入れて食べる家庭も多く、地元産の食材を使ったちょっと変わった1杯を作りたくて10年前に開発しました」と店主の山本さん。当初は酒かすが出回る冬季限定メニューだったが根強いファンの声に応えて、現在は通年で提供している。年間で使用している酒かすの量は驚きの80kg! 「酒かすが全体をまろやかにし、臭みも抑えてくれる万能食材。発酵食材なので体にもよく、女性にも好評です」。

発酵食材がたっぷりのスープは麺以外の食べ方も合うと山本さんは言う。
「まずは麺は入れずに野菜やお肉で鍋としてお召し上がりください。具材を食べた後に麺を入れて締めていただけると二度楽しめると思います」。
別添えの「かんずり」も地元上越産の発酵調味料。塩漬けの唐辛子を雪の上にさらし、アクやクセを取り除くなど完成までに3年を要する。
「まろやかな辛みですのでお好きなタイミングで加えて味の変化を楽しんでください」(山本さん)。

「ほかのお店ではお目にかかれない味」がたんぽぽラーメンのモットーで、酒かすみそラーメン以外にもトマトチーズ麺やボンゴレ麺といった特徴のあるメニューが多い。それらには多くの地元食材が使われていて、ラーメンを通じて地元発信にもつながっているのだ。

たんぽぽラーメン「元祖雪室酒かすみそラーメン」の購入はコチラから!
https://www.mennoichi.com/shopdetail/000000000017/

この記事の画像

関連記事

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!