公開日2021.12.03
最終更新日2021.12.17

山椒の爽やかな香りとしびれる辛さが堪らない!龍馬軒「四川麻婆麺」をお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」

山椒の爽やかな香りとしびれる辛さが堪らない!龍馬軒「四川麻婆麺」をお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」
公開日2021.12.03
最終更新日2021.12.17

山椒の爽やかな香りとしびれる辛さが堪らない!龍馬軒「四川麻婆麺」をお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」

ラーメン王国新潟の人気ラーメンを「いつでも」「どこでも」食べられる「宅配にいがた麺の市」。Komachi編集部が推薦する新潟五大ラーメンやミシュランガイド新潟2020特別版掲載など、行列は当たり前の人気店が25軒以上参加する通販サイトです。

できたての麺・スープ・具をそのまま冷凍でお届け。賞味期限は配送日から30日間なので、まとめ買いがお得です。

今回はその中のオススメラーメンをご紹介。

龍馬軒「四川麻婆麺」

新潟Komachi編集部のオススメPOINT
●世界的有名グルメガイド掲載
●食材一つ一つにこだわり抜いた奥深い辛みとうま味
●粉&粒でサンショウの爽やかな香りを堪能
●麻婆豆腐のみの追加もOK! ご飯にかけて麻婆丼も

龍馬軒「四川麻婆麺」の美味しい理由

龍馬軒のオープンは2010年。中華料理店で腕を磨いたオーナーが食材を香港や台湾から仕入れるなど、納得の味を徹底的に追求しているお店です。上湯を駆使した淡麗ラーメンのほか、担々麺やマーボー麺などにもファンが多く、遠方から訪れる人も多数。その実力と人気を評価され、世界的グルメガイドやグルメレビューサイトのラーメンアワードにも掲載されています。最近ではテイクアウトにも力を入れていて、店頭で生麺やストレートスープ、具材を販売。

合わせダレは一切不使用! 1杯ずつ調味料を合わせ、素材の持ち味を生かす

多彩なメニューを提供する飲食店において提供スピードの早さも重要。事前にブレンドしたタレを使うことで作業を短縮し、均一な味を作ることができますが、素材の持ち味を大切にする龍馬軒では、中華鍋でトウバンジャンやテンメンジャンなどの調味料を一つずつ合わせます。生肉ではなく調理済みのひき肉を使うなど、忙しい営業中に手早くかつ、満足できる味を表現する工夫を日々続けています。

自家製の細麺はハサミで切って麻婆との絡みを調整

一般的な麻婆麺は多加水の太麺が多いですが、こちらは麻婆豆腐のとろみが強く汁なしタイプのため、食べやすい低加水の細ストレート麺を採用。ゆでた後にキッチンハサミで十字に切ると、絡み具合が調節できるのでオススメです。全粒粉をふんだんに使っているため、細麺ながら小麦の風味は麻婆豆腐に負けていません。

粉&粒でサンショウの爽やかな香りを堪能

四川麻婆豆腐に欠かせない食材がサンショウ。粉末を仕上げに振りかける店舗が多い中、龍馬軒はそれに加えて粒サンショウの粗挽きも使用しています。「粉だけでも香りは十分ですが、粒を歯でかんだ時に口の中ではじけるフレッシュな香りと辛みをお楽しみください」と店長の芳川さん。トウバンジャンや一味の辛みたっぷりの麻婆豆腐を食べ進めるなかで、粒サンショウが食感と香りの見事なアクセントになっています。

本場四川産「朝天唐辛子」がしびれる辛さに香りと甘さを添える

麻婆豆腐に添えられている朝天唐辛子は、ピーマンを小ぶりにしたようなぷっくりとしたフォルムが特徴。唐辛子、八角、月桂樹の葉などを使った自家製ラー油で揚げているため、表面はカリッとした食感に。細長いトウガラシに比べて辛みは少なく、中身を麻婆に混ぜると爽やかな香りとほのかな甘みが味に変化を生みます。

お店では仕上げに葉ニンニクを添えていますが、他の食材での代用は難しいとのこと。香りや食感を考え抜いた末に辿り着いたのが葉ニンニクなので、ぜひおうちでご用意して再現にチャレンジしてみてください。

ご飯との相性も抜群!おうちのフライパンで「おこげ」も再現しよう

お店のオープン当初は新潟に麻婆麺ブームが起こるずっと前。中華料理店で腕を磨いたオーナーによる本場の四川麻婆豆腐とラーメンを融合させた1杯は瞬く間に人気を集めました。「ラーメンのダシを使わないのでダイレクトに麻婆の香りや辛みをお楽しみいただけます。もちろんご飯との相性も抜群ですよ」と芳川店長。お店で提供している麻婆丼は石の器に入っているので、おうちにある小さめのフライパンで熱すると周りが少し焦げて、よりお店の味に近づくはずです。ぜひお試しください!


龍馬軒「四川麻婆麺」は「宅配にいがた麺の市」のサイトから購入できます。毎週木曜に週替わりで新潟の人気ラーメンが登場するので、チェックしてみてください!

この記事の画像

関連記事

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!