>
公開日2022.05.22
最終更新日2022.05.24

まるでお米のように食べられる! 大豆で作られた新主食「ダイズライス」登場

まるでお米のように食べられる! 大豆で作られた新主食「ダイズライス」登場
公開日2022.05.22
最終更新日2022.05.24

まるでお米のように食べられる! 大豆で作られた新主食「ダイズライス」登場

こんにちは、編集部の小田です。昆布や豆など幅広い食品を製造・販売する「フジッコ」から、大豆を使った次世代フードが登場し話題になっています。

こちらの「ダイズライス」は、植物性タンパク質をはじめとする栄養豊富な大豆をお米のように加工した新発想の大豆食品で、ほんのりとした優しい甘みが特徴。お米よりも高タンパク・低糖質で、たくさん食べても罪悪感を感じにくいんです。さらに、もちもち&プチプチとした食感も楽しめて、食べ応えもばっちり! 満足感の高い新たな主食として早くも評判を呼んでいます。

1week トライアルセット(5種・2,950円)。 プレーン(3食)にガパオ、黒ごまいなり、高菜チャーハン、きのこクリー ムリゾットの5種が入った1週間お試しセット。

便利で簡単な冷凍タイプと水に浸してから電子レンジで加熱調理する乾燥タイプの2種を用意し、高菜チャーハンをはじめ、食べやすく味付けした調理済みのメニューもラインアップ。

「ステーキ&ガーリックダイズライス」。ジューシーなお肉とニンニクの風味がたまらない一品。ダイズライスなら罪悪感もなし!
「ダイズライス入りミネストローネ」。 栄養豊富な野菜とダイズライスを一緒に食べれば、タンパク質を手軽に摂取できる。
「ダイズライスとひき肉のパプリカドルマ」。ダイズライスとひき肉をパプリカにたっぷり詰め込んだ、トルコ風ピーマンの肉詰め。
「ダイズライスのボリュームサラダ」。野菜やミックスビーンズ、ダイズライスをドレッシングで和えれば完成。
「ベーコンとしめじのダイズリゾット」。ダイズライスと一緒に具材を煮込むだけ。トマト味にアレンジするのもおすすめ。
「マグロ&サーモンのポキ風どんぶり」。タレが染みたマグロとサーモン、ねっとりとしたアボカド、ダイズライスが相性抜群。

公式HPやInstagram、コミュニティサイトでは、「ダイズライス」のおいしさを引き出した多彩なレシピも公開中。気分に合わせてアレンジして、楽しむのもおすすめです。

実際に食べてみました!

一粒一粒がしっかりしていて、パラパラとした仕上がり。見た目も食感も、まさにお米そのものでした!みなさんも味わってみてくださいね。

[問い合わせ先]
フジッコ(Beanus)
HP:https://www.bean-us.jp/shop/default.aspx

この記事の画像

関連記事

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!