公開日2022.07.01
最終更新日2022.07.01

【レシピあり】夏は餃子だ! 冷たいビールだ! -妄想スタンド おかわり-

【レシピあり】夏は餃子だ! 冷たいビールだ!  -妄想スタンド おかわり-
公開日2022.07.01
最終更新日2022.07.01

【レシピあり】夏は餃子だ! 冷たいビールだ! -妄想スタンド おかわり-

こんばんは、毎日うだるような暑さで、「あつい」どころではない「あづい!」を連呼している河野です。そんな時はスタミナ満点、パンチのある料理で一日の疲れをリセットしませんか? 新潟Komachiのレシピ連載【妄想スタンド おかわり】では、夏に食べたくなる料理のひとつ「餃子」のレシピをお届けしています。

今回、ちかこママが用意してくれたのは焼き餃子水餃子の2種類。こちらの記事では、ビールにも合うけど、するする飲めちゃうすっきり系の白ワインにも合う「ズッキーニの焼き餃子」のレシピをご紹介いたします。


ズッキーニの焼き餃子

この時季、ズッキーニは畑をやってらっしゃる方からもらうこともありますよね。直売所でもお安く売られているし、ぜひ作ってみてほしい一品です。

<材料>約20個分
餃子の皮(大判)…20枚程度
ズッキーニ…1本
水…70ml
サラダ油…大さじ1
差し水(温水)…100ml
塩・コショウ…適量
【A】
豚ひき肉…100g 
塩…1g
ニラ…3本
ショウガのすりおろし…小さじ1
コショウ…少々
しょうゆ…小さじ1
ゴマ油…大さじ1


<作り方>
@ズッキーニは半分を5mm角に切り、残りを5mm程度の輪切りにする。ニラは5mm幅に切る。
Aボウルに【A】を入れ、混ぜる。水を3回に分けて加えながら、都度混ぜ合わせる。角切りにしたズッキーニを加える。
B餃子の皮でAを包む。フライパンにサラダ油を敷き、餃子を丸く並べる。強火にし、1分焼いたら温水を加える。フタをして中火で5〜6分焼く。
Cフライパンにサラダ油を入れて熱し、残りのズッキーニを焼き、塩・コショウを振る。器に盛り付けた餃子に飾る。


ちかこママいわく「焼き餃子の餡はね、とにかく水分がポイント。たっぷりお水を入れることで、じゅわっと肉汁があふれる餃子に仕上がるの」とのことです。

ちなみに今回はタレを2種類用意してもらいました。ひとつは、すりゴマ・マヨネーズ・ゴマ油各大さじ1に、しょうゆ小さじ2、フレンチマスタード小さじ1(カラシ小さじ3分の1でも可能)を加えたゴマダレ。もうひとつは、柚子胡椒小さじ1と酢大さじ2をあえた柚子胡椒ダレ。仕上げに黒コショウをパラリと振るのがポイントです。どちらもおいしかったですが、個人的には、柚子胡椒ダレが好みでした!(餃子には酸味が合うんですかね、ジューシーな餡に絡む「酸っぱい!」感じがおいしいみたいです)

本誌では、よだれ鶏風のタレと一緒に食べるスパイシー水餃子のレシピもご紹介しています。こちらは三つ葉たっぷりで香りもよく、帽子型にした餃子の皮のもちもち感がなんともたまりません。

三つ葉はパクチーに代えてもおいしいです。クラフトビールを合わせて、アツアツの餃子!からの冷たいビール♪ をお楽しみください。

そうそう、今回の餃子には米菓やお餅で知られる越後製菓の餃子の皮を使っています。この餃子の皮がですね…まるで手作りの皮のようにもっちもちでおいしいんです! 焼き目はパリっと仕上がるのにもっちもち。新潟県内のスーパーで手に入るので、見つけたらぜひ購入してみてください。河野は近所にある原信で購入しています♪

レシピ考案:佐藤智香子
撮影:松永由佳

この記事の画像

この記事を書いた人
Komachi編集部 Kouno

3度の飯より酒が好き。いや、米も好き。あと、猫も好き。収入の8割は食費に費やす自称グルマン河野が、毎日の献立作りに使えるネタから、女性ひとりでは入りにくいようなお店の話まで。間口は狭く、出口は広い「食」の話をお届けいたします。

関連記事

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!