公開日2021.12.21
最終更新日2021.12.21

12月の新潟文化物語、後編は「新潟のカレーといえば!」の3つを取材!

12月の新潟文化物語、後編は「新潟のカレーといえば!」の3つを取材!
公開日2021.12.21
最終更新日2021.12.21

12月の新潟文化物語、後編は「新潟のカレーといえば!」の3つを取材!

にいがたの文化にまつわる情報を発信している新潟文化物語。12月の特集テーマは「新潟カレー物語」です。

新潟では、立ち食いカレー、カレーラーメン、カレー味のから揚げ、カレー豆、カレーせんべい、ご当地グルメ「イタリアン」のカレーがけなど、カレー味の食べ物が広く愛されています。その中でも、新潟のカレー文化を代表する3メニューについてそれぞれお話を伺いました。

まずは、バスセンターにある立ち食いそば店「万代そば」のカレーライス!ドロッとしていて濃いな〜と感じていた皆さん、その理由を教えていただきましたよ。

お次は三条市のご当地グルメ、カレーラーメンを食べに大衆食堂「正広」へ。70年以上の歴史を持つ三条市民のソウルフードですが、独自のスープに独自のカレーを合わせるカレーラーメンの味は、店によって千差万別。「正広」のカレーラーメンに使うスパイスの数はなんと・・・。

新潟市のソウルフード、半身揚げ発祥の「せきとり」本店にもお伺いしました。年末・お盆・GWなど家族が集まる時期は、テイクアウト用に1日に2000個も揚げる半身揚げですが、その味付けはいたってシンプル。普通の◯◯◯◯と普通の◯だけ、なんですって。

詳しくは、ぜひ本編をご覧ください。
file-150 カレー愛が盛り上がる! 新潟カレー物語(後編)

 

この記事の画像

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!