>
公開日2010.04.13
最終更新日2010.04.13

「走り」「旬」「名残り」を生かす寿司

「走り」「旬」「名残り」を生かす寿司
公開日2010.04.13
最終更新日2010.04.13

「走り」「旬」「名残り」を生かす寿司

ネタ選びにあたっては、「地のモノは安くて、しかも味がいい」が信条。「走り(季節を先取り)」「旬(今一番旨い)」「名残り(まだ食べられる)」という献立の基本にのっとった料理には、気品と格調が感じられる。ネタは柏崎沖30キロで釣り上げ船の上で活ジメするため、生臭さはなく身がしまっている。種類は季節によりメジ鮪、鯛、鯖、鯵、カワハギ、メバル、ヤリイカ、真鱈、ブリなど旬のネタが味わえる。シャリは栃尾産コシヒカリを100%を使用している。【にぎり(並)1,000円、(上)2,200円、(特上)2,500円】【ちらし(並)1,000円、(上)2,200円、(特上)2,500円】【極み3,000円】■【地酒あり(長陵、清泉、越乃景虎、想天坊】

注目記事ランキング

ログインして
もっと便利に!