開幕直前!5分でわかる長岡花火の渋滞回避テクニックまとめ

「長岡まつり大花火大会」が、いよいよ来週開催されます。日本屈指の技とスケールで全国的な知名度をもつ一大イベントだけに、当日の人出・交通渋滞も破格のスケール。そんな長岡花火を少しでも快適に過ごせるよう、渋滞回避情報をまとめました。
▼▼せっかくだから長岡観光もしておきたい▼▼
「長岡花火とあわせて楽しみたい!周辺グルメ&おでかけ観光スポットまとめ」

長岡まつり大花火大会

長岡花火は渋滞も大スケール!

日本屈指の来場者数を誇る長岡花火は、渋滞も大スケール。会場中心地では、信号ひとつの区画を脱出するのに数十分を要します。さらに中心地を抜けた後もI.Cまでの気の遠くなるような渋滞を乗り越えなければならず、体感的には帰宅というよりはむしろ修行です。

“デスロード”長岡I.Cルートを回避せよ!

長岡花火ビギナーの方が犯しがちな失敗。それは長岡I.Cを目指す「デスロード」を使ってしまうこと。運営サイドの調査では、通常6分で済むはずの4.4キロの道のりに最大3時間かかったデータもあるんだとか。このペースを時速に換算すると、およそ1.4km/h。少し調べてみましたが、この速度は赤ちゃんのハイハイ歩きと同じくらいなんだそうです。なんかもう渋滞のことなんかより、「赤ちゃんを3時間放っておくと4.4キロも進む」という事実に驚きを隠せません。

[出典:長岡まつり大花火大会 開場図]※クリックでチラシデータにジャンプします。

少し遠回りをしてでも近隣I.Cを使うべし!

じゃあどうすればいいのかというと、答えは「長岡I.C以外のI.Cを使う」こと。新潟市方面なら三条燕I.C、栄スマートI.C、中之島見附I.Cを、湯沢・東京方面なら越後川口I.C、小千谷I.C、長岡南越路スマートI.Cを、上越・富山方面なら西山I.C、柏崎I.Cを使うとよいでしょう。

でもちょっとまって!

近隣I.Cを目指すこと自体は正しいのですが、それだけでは不十分。重要なのは「できるだけ渋滞エリアに踏み込まない」ということなので、そもそも上図・オレンジ色の渋滞エリアに駐車してしまった時点で、混雑の時間帯をよほど外さない限りは渋滞に巻き込まれること確実です。

車&電車のハイブリッド戦略

以上のような理由から、長岡花火における渋滞回避のポイントは以下のように結論づけられるでしょう。

・会場中心地を外した場所に駐車し、帰りは渋滞エリアに踏み込まないルートで長岡I.C以外のI.Cを目指す

会場中心地を外した場所に駐車する場合、会場までの徒歩での移動距離がネックになります。うまく駐車場が見つかればいいのですが、なかなかそうもいきません。そこでオススメなのが、会場中心地から離れた駅や臨時バス乗り場のそばにマイカーを駐車し、そこから電車やシャトルバスを使って会場に向かう「パーク&ライド」なのです。以下では、観覧席の位置や来場方面ごとのオススメパーク&ランドをご紹介します。

※記事の下部には会場全体図、パーク&ライド利用案内、駐車場情報などが記載されたチラシデータがあります。クリック・拡大してご覧ください。

名称未設定-1

観覧席ごとのパークライド情報

[出典:長岡まつり公式サイト]

≪新潟方面から≫

左岸(長岡I.C側)で見る方におすすめ!
三島支所周辺に駐車してシャトルバスで約15分!三島支所から堺町ヘリポートまでは約15分で送迎です。堺町ヘリポートから会場までには、ショッピングセンター、飲食店などが多くあるので、買い物や食事を楽しみながら会場までの移動が可能です。ヘリポートから花火会場まで徒歩約30分です。

≪東京・富山方面から≫

左岸(長岡I.C側)で見る方におすすめ!
越後丘陵公園に駐車してシャトルバスで約20分。1,850台収容の大規模駐車場の越後丘陵公園は長岡ICからすぐ。会場周辺まで、シャトルバス専用路線で約20分で送迎します。さらに渋滞をさけるには、富山方面は西山IC、東京方面は小千谷ICを利用して。

<シャトルバスご利用の皆様必見!!>
スムーズに発着所と花火会場を行き来していただくため、ルートを設けています。
詳しくはこちらでご確認ください。

★越後丘陵公園とは
北陸地方を代表する唯一の国営公園。美しい自然の中で、スポーツ&レクリエーションも楽しめます。
詳しくは丘陵公園のホームページをご覧ください。

≪新潟方面から≫

右岸(長岡駅側)で見る方におすすめ!
悠久山公園に駐車して臨時バスで約15分!
約800台収容の悠久山公園駐車場は無料。悠久山公園⇔長岡駅東口まで臨時バスを運行。長岡駅から花火会場まで、徒歩で約30分です。※帰りの際、長岡駅西口から東口へは地下道を御利用ください。

レールライドで長岡駅へ駅から徒歩で約30分!
電車を乗り継いで長岡駅からは徒歩で会場入り。徒歩+電車は車が渋滞する時間帯でも確実に移動ができます。新潟方面からは中之島見附ICで下りて北長岡駅へ。東京方面からは小千谷IC、長岡南越路SICで下りて来迎寺駅へ。R17経由なら越後滝谷駅を利用して。

≪東京方面から≫

右岸(長岡駅側)で見る方におすすめ!
南部工業団地に駐車して臨時バスで約10分!
約1,500台収容の南部工業団地駐車場は無料。小千谷IC、長岡南越路SICからアクセス良好。新潟味のれん本舗前⇔長岡市立劇場まで臨時バスを運行。長生橋上流で見る正三尺玉は大迫力。

※詳しくは下記の会場MAPをご参照ください。

[出典:長岡まつり大花火大会 開場図]※クリックでチラシデータにジャンプします。

ほんの少しの渋滞回避テクニックが、帰宅時間を大幅に縮めてくれるでしょう。事前の情報戦を制し、渋滞とは無縁の観覧を!

せっかくだから長岡を楽しんで帰ろう♪
「長岡花火とあわせて楽しみたい!周辺グルメ&おでかけ観光スポットまとめ」

情報は掲載当時のものです。念のため電話で情報をお確かめになってからお出かけください。閉店店舗については、随時メンテナンスを行っています。間違いを通報する