自然の奇跡に出会う旅!新潟&近県 絶景スポットまとめ

暑さも和らぎ、日ごとに秋の気配が感じられるようになりました。いよいよおでかけシーズンの到来です。今回はちょっと足を延ばして訪れたい、新潟県&近県の絶景スポットをまとめました。訪れれば猛暑で疲れた心もリセットされるはず。雄大な自然の力で生み出される神秘的な風景を求め、秋のドライブに出かけてみませんか?

清津峡(新潟県)

清津峡

マ・ヤンソン/MADアーキテクツ[ライトケーブ] Photo/Tsutomu Yamada

清津峡

清津峡は国の名勝天然記念物にも指定されている景勝地。 Photo/Tsutomu Yamada

景観を反転して映し出す「水盤鏡」で幻想的な空間に

清津川を挟んで切り立つ巨大な柱状節理の岸壁が大峡谷を作り出し、日本三大峡谷の一つとして数えられる「清津峡」。今年、その絶景を楽しめる「清津峡渓谷トンネル」が、まるで深海から潜望鏡で海上を望むかのように観賞できる作品としてリニューアル。清津峡の美しさを再発見することができる自然とアートの融合空間は必見。

  • ベストタイミング:通年(1月中旬~3月は閉鎖)
  • スポット名:清津峡(キヨツキョウ)
  • 住所:新潟県十日町市小出
  • 電話:025-763-4800(清津峡渓谷トンネル管理事務所)
  • 時間:8時30分~17時(最終入坑16時30分)
  • 料金:入坑料800円(~2018年9月17日(月・祝)まで。大地の芸術祭会期中は作品鑑賞パスポート提示で無料。9月18日(火)以降の入坑料は要問合せ)

枝折峠(新潟県)

枝折峠

波打つような雲に時間を忘れて見入ってしまいそう。

枝折峠

条件がそろった時に現れる神々しいご来光は一見の価値あり。

尾根を超え、山肌を駆け下りる辺り一面の滝雲に感動!

奥只見シルバーラインを上り、樹海ラインと呼ばれる国道352号線を進んだ標高1,065m地点にある峠。日が昇る前の早朝から日の出にかけて、奥只見湖から湧き上がった霧が雲海となって立ち上り、谷山を埋め尽くす壮大な景色は圧巻の一言。この秋からは、魚沼市観光協会による「滝雲ツアー」も実施予定。

  • ベストタイミング:9月~10月(日の出の時間帯)
  • スポット名:枝折峠(シオリトウゲ)
  • 住所:新潟県魚沼市枝折峠
  • 電話:025-792-7300(魚沼市観光協会)
  • 時間:終日開放
  • 備考:11月中旬~6月上旬※冬季閉鎖あり

北沢浮遊選鉱場跡(新潟県)

北沢浮遊選鉱場跡

まるで海外の遺跡のような迫力と美しさ。

北沢浮遊選鉱場跡

高台から見下ろす撮影スポットも。

世界的資産にふれて、冒険心がよみがえる

佐渡鉱山で採掘された鉱石を処理し、金を取り出すために建設された選鉱施設。当時最先端の鉱山技術が導入された佐渡鉱山を代表する施設の一つで、規模は東洋一だったとも。場内にある直径50mのシックナーや工作工場群跡も見どころ。

  • ベストタイミング:7月~9月(11時~)
  • スポット名:北沢浮遊選鉱場跡(キタザワフユウセンコウジョウアト)
  • 住所:新潟県佐渡市相川北沢町
  • 電話:0259-74-2389(ゴールデン佐渡)
  • 時間:終日開放

万畳敷(新潟県)

万畳敷

ボリビアのウユニ塩湖のような美しい水鏡が広がる。

万畳敷

干潮時には水鏡の中を歩くこともできる。

自然の奇跡が重なったいつまでも眺めていたい水鏡。

日本のウユニ塩湖とも呼ばれる注目スポット。万畳敷とは普段は海中に隠れている巨大な一枚岩のこと。潮の満ち引きによって姿を変える岩場に、青空や夕焼けといった空の表情、透明度が高い海が作り出す水鏡が組み合わさると、まさにフォトジェニック。その瞬間しか見られない光景に圧倒される。

  • ベストタイミング:7月~9月(※海面水位によるため事前に確認を)
  • スポット名:万畳敷(マンジョウジキ)
  • 住所:新潟県佐渡市沢崎(沢崎海岸)
  • 電話:0259-86-3200(佐渡観光交流機構 南佐渡観光案内所)
  • 時間:終日開放

竜王マウンテンパーク(長野県)

竜王マウンテンパーク

竜王マウンテンパーク

一面の雲海は神々しい美しさ

気象状況によって姿を見せる幻想的な雲海。標高1,770mの急斜面に立っている「SORA terrace」からの眺めは、まるで空に浮かんでいるかのよう。空気の澄んだ日には、北アルプスや佐渡島まで望むこともできる。

  • ベストタイミング:7~10月の朝もしくは夕方(雲海)
  • スポット名:竜王マウンテンパーク
  • 住所:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700
  • 電話:0269-33-7131
  • 料金:ロープウェイ往復料金/中学生以上2,200円、4歳~小学生1,100円、3歳以下無料、65歳以上2,100円

御射鹿池(長野県)

御射鹿池

まるで鏡のような不思議な池

農業用のため池として造られた人工池。透明度が高く静かな水面には周囲の木々が映り込み、上下対称の不思議な世界が広がる。日本画家・東山魁夷の代表作「緑響く」のモチーフやテレビCMの舞台としても有名。

  • ベストタイミング:7~9月の早朝
  • スポット名:御射鹿池(ミシャカイケ)
  • 住所:長野県茅野市豊平奥蓼科
  • 電話:観光案内所(0266-72-2637)

阿寺渓谷(長野県)

阿寺渓谷

きらきらと輝く清流のブルーに感動

1年を通して濁ることのない美しい清流と巨石がつくり出した渓谷。夏場には「阿寺ブルー」と呼ばれる澄んだ水が足元に広がる。日中は、目にも涼やかな水面が太陽の光にきらめいて癒やし効果抜群。

  • ベストタイミング:6月~11月(日差しのある時間帯)
  • スポット名:阿寺渓谷(アテラケイコク)
  • 住所:長野県木曽郡大桑村野尻
  • 電話:0264-55-3080(大桑村役場)
  • 時間:終日開放
  • 備考:9月2日(日)まで車両進入規制中。詳細はHP参照

富士見高原リゾート 花の里(長野県)

冨士見高原リゾート 花の里

標高1,250メートルの華やかな花のフィールド

約300品種の花々が季節や標高ごとに咲き変わる花園。7月中旬から9月下旬には、10万株ものヒャクニチソウでゲレンデがいっぱいに。

  • ベストタイミング:7月~9月の午前中
  • スポット名:富士見高原リゾート 花の里
  • 住所:長野県諏訪郡富士見町境12067
  • 電話:0266-66-2932
  • 時間:9時~17時
  • 料金:大人1,100円、小・中学生700円※季節により変動あり。詳細はHP参照

五色沼湖沼群(福島県)

五色沼

自然が生み出す宝石級の水面

磐梯山の噴火でできた大小300もある湖沼群。特に神秘的なのが大小10余の群集が集まった「五色沼湖沼群」。藍、コバルトブルー、エメラルドグリーンなどさまざまな色に水面が移り変わり、その美しさは宝石に例えられるほど。

    • ベストタイミング:通年(日中)
    • スポット名:五色沼湖沼群
    • 住所:福島県耶麻郡北塩原村桧原
    • 電話:裏磐梯観光協会(0241-32-2349)

黒部ダム(富山県)

黒部ダム

大迫力の放水に美しい虹が架かる

高さ186mは日本一、世界でも最大級のスケールを誇る。毎秒10立方m以上放水される「観光放水」は壮観。晴れた日の午前中には、虹が架かることも。昨年新設された「レインボーテラス」から間近で見ることができる。

    • ベストタイミング:6月26日~10月15日(※観光放水期間午前中)
    • スポット名:黒部ダム
    • 住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺
    • 電話:くろよん総合予約センター(0261-22-0804)

情報は掲載当時のものです。念のため電話で情報をお確かめになってからお出かけください。閉店店舗については、随時メンテナンスを行っています。間違いを通報する