プラスαな魅力!新潟の進化系カフェのサービスとは?

新潟で今、カフェが進化しています。ホッとひと息つきながら、プラスαのサービスが受けられる、ニュースタイルのカフェを紹介します。

~カフェ+芸妓~ 歴史を感じる空間で芸妓さんが運ぶお茶を堪能

古町柳都カフェ(フルマチリュウトカフェ) 

抹茶セット(800円)。

江戸時代からみなと町・新潟を彩ってきた花街の文化
そんな伝統を守る古町エリアに、芸妓さんがお茶やお菓子を運んでくれるカフェが誕生しました。
古町の昔ながらの街並を散策しながら、ふらっと立ち寄るのにぴったりです。

【ココがプラスα】
気軽に昼間から古町の芸妓さんに会えるカフェ。土曜は2日前までの予約で芸妓の舞が楽しめます。

古町芸妓の舞 鑑賞(1,000円)

古町芸妓の舞 鑑賞(1,000円)

10分ほどの舞(有料)を楽しんだ後は、写真撮影もOK。

茶屋だった建物の一部をカフェとして利用。芸妓たちが踊りや三味線などの稽古をする花街の拠点。

畳の席でゆっくりとしたひとときを過ごせます。

※土曜は定休日だが、予約があれば古町芸妓の舞を披露。

~カフェ+靴修理~ 靴の修理を待っている間にちょっと一杯が叶う贅沢

KADO(カド) shoe repair & beer stop

空き店舗をリノベーションしたこだわりの店内は、近くの解体現場からもらった古材を使うことで、あたたかみのある空間に。

大手靴修理店に勤務していたオーナー・小島俊輔さんが、「靴修理の待ち時間を有意義に過ごしてほしい」と靴修理店とビアスタンドを併設。クラフトビールコーヒーを飲んでのんびりしながら、靴の修理を待とう。

【ココがプラスα】
カフェでくつろぎながら靴を修理してもらえます。革靴に限らず、サンダルやスニーカー、カバンまで対応。

靴修理各種(500円~)。

靴修理各種(500円~)。

ビール好きの小島さんが県内外から厳選したクラフトビール各種(600円~)。ほか、コーヒー各種(300円~)も用意しています。

スタンドだけの利用も歓迎しているので、気軽に立ち寄って。

  • 店名: KADO shoe repair & beer stop(カド)
  • 住所:新潟県新潟市中央区沼垂東3-1-16
  • 営業時間:12時〜20時※金・土曜は21時まで(20時30分LO)
  • 定休日:火曜、ほか不定休

プラスαな魅力のある新潟のカフェ。
いかがでしたでしょうか。
芸妓さんがお茶やお菓子を運んでくれるカフェに、靴の修理を行うカフェ。
どちらも珍しいですよね。

お茶を飲んでゆっくりするだけでなく、プラスの要素も魅力的。
新潟にお越しの際は、ぜひこの珍しいカフェに足を運んでみてはいかがでしょうか。

※掲載の内容は、取材当時のものです。

情報は掲載当時のものです。念のため電話で情報をお確かめになってからお出かけください。閉店店舗については、随時メンテナンスを行っています。間違いを通報する