特集

絶対食べるべき新潟の美味い丼

新潟県民なら絶対に食べておきたい、「美味い!」と思わず声が出るような丼を厳選。満足すること間違いなしの丼を目的に出掛けよう!

2015年7月6日更新 
新潟WEEK! 2015.6.19号『絶対食べるべき美味い丼』掲載

絶対食べるべき新潟の美味い丼

熟練の技で仕上げるサックリ極厚タレカツ

とんかつ専門店 とんかつ とんきの特製アツギリタレかつ丼
特製アツギリタレかつ丼 豚汁、漬物、サラダ付き※特製アツギリタレかつ丼は、新発田店でのみ提供 1,500円

とんかつの名店で総料理長を務めた店主が腕を振るう。味を左右するしょうゆダレ。しつこさがなく、飽きがこない。一般的なタレカツと比べても、厚さは一目瞭然。それでもふっくらと柔らかい。

新潟市民のソウルフード「タレカツ」といえば、甘辛いしょうゆダレにくぐらせた薄めのカツをのせた丼のことで、サクサクの食感も楽しい。しかし、この店ではその常識を覆す「厚さ」をウリにしたタレカツ丼がある。店主の高橋さんは、東京の名店「とんき」で総料理長を長く務めた経歴を持ち、カツを揚げる腕も、味へのこだわりも一流だ。だからこそ、通常の2倍以上となる3センチほどの厚みでカットされた国産豚のヒレ肉も、ジューシーさを保ったまま、カラっと揚げることができるのだ。パン粉はきめの細かいものを使用。油を吸いにくく、それでいて、タレはしっかりと受け止めてくれる。決め手となるしょうゆダレは、丁寧に取った和風ダシがベースで、一切化学調味料を使っていない。しっかりとした味わいの割にしつこさがなく、女性でもペロリと完食できてしまう。これまでのタレカツの常識を変える驚きが、この丼には詰まっているのだ。

とんかつ専門店 とんかつ とんき

新潟県新発田市新栄町1-2-24 0254-23-5508

東京・目黒の本店で修行後、のれん分けという形でオープン。フライヤーでなく鉄鍋で揚げるとんかつ。火の通し方は熟練の技。衣の付け方もとんき独自のもの。

店舗詳細へ 地図を見る

リニューアルしました!新潟ラーメンガイド

新潟ラーメンガイド

バックナンバーはこちら

グルメにおでかけ!Komachi、WEEK!に掲載された特集の一部をご紹介♪

ほかの特集を見る

What's New

プレゼント