特集

2015年上半期ニューオープンラーメン

2015年も新店が続々と誕生し、コンセプトを変え大幅なリニューアルを行った店も登場。そこで上半期を振り返り、注目の店をピックアップ!

2015年8月7日更新 
新潟WEEK! 2015.7.17号『新潟ラーメン新潮流2015』掲載

2015年上半期ニューオープンラーメン

2015年も注目のお店が続々オープン!全11件をピックアップ!

和風ダシが香るスッキリした後味

提供しているのはこんなお店!  

昔ながらのあっさりした味の「醤油」、程よい辛味の自家製ラー油を利かせた「旨辛醤油」、特注のみそを使った「濃厚味噌」と、3種類のラーメンを提供。いずれもスープは丸鶏や鶏ガラ、ゲンコツ、干しシイタケなどをひと晩かけて丁寧に炊いて、素材の味を抽出。鶏のうま味を生かしている。

詳細を見る

香辛料の香る絶品麺が多彩

提供しているのはこんなお店!  

多彩な香辛料を駆使したラーメンで人気の店が移転。「担々麺」(900円)や「四川麻婆坦々麺」(950円)など、刺激的な味わいのメニューはそのままに、「せいろ飯」(300円)などのサイドメニューを充実させた。

詳細を見る

多彩な味をそろえる腕自慢

提供しているのはこんなお店!  

県外で腕を磨いた店主・青木さんが作るラーメンは、ガッツリ系から台湾まぜそば、和歌山ラーメンと実に多彩。店内にはそれぞれの特徴が分かるよう説明書きのボードを設置している。

詳細を見る

帰ってきた上越クラシック

提供しているのはこんなお店!  

1933年創業の老舗が80周年を機に店舗を一新。昔からのファンが多いしょうゆラーメン「元祖トクラーメン」を先代の味に近づけて復活させた。「攻めのラーメン」を手がけた上での原点回帰だけに、進化したクラシックが味わえるはず。

詳細を見る

鶏のうま味がガツン!

提供しているのはこんなお店!  

鶏が主役のあっさり系ラーメンがウリ。丁寧に6時間かけて炊いたスープには、鶏のうま味がギュッと凝縮している。使用する丸鶏や鶏の足、しょうゆダレの甘みが食欲をそそり、低加水麺とベストマッチ。

詳細を見る

あの人気店の味、ここに再び

提供しているのはこんなお店!  

惜しまれつつ閉店した「広来飯店駅南店」で料理長を務めていたご主人が、同店のメニューをほぼそのまま再現してオープン。名店の味再び、と話題を呼んでいる。

詳細を見る

飲んだシメにも最適!

提供しているのはこんなお店!  

JR五泉駅近くにあるこちらは、魚介とトンコツのWスープをベースに、しょうゆ、みそ、岩塩の3種のラーメンをラインアップ。

詳細を見る

華やかで斬新なメニュー多数

提供しているのはこんなお店!  

カフェをイメージしたオシャレな店内と斬新なメニュー構成で話題。鶏ダシを使ったラーメンを主体に、「へぎつけ麺」(961円)、「カプチーノらーめん」(1080円)と、盛り付けなどに工夫を凝らしたメニューがそろう。

詳細を見る

くびき牛のうま味が凝縮

提供しているのはこんなお店!  

2日間熟成させた小麦の風味豊かな自家製熟成麺が主役。ブランド牛「くびき牛」の「牛骨らーめん」と20時間以上煮込んだ「超豚骨らーめん濃度10」、あっさりの「日本の支那そば」と3種のスープを使い分け、多彩な味を提供。

詳細を見る

鯛ダシ+ショウガの絶妙調和

提供しているのはこんなお店!  

「なじみがありながら、他とは違うインパクトを」と、鯛ダシとショウガを合わせたラーメンを開発。鯛の臭みをショウガが打ち消し、互いを引き立てている。ゴハンにしょうゆダレをかけた「拉飯丼」(830円)も美味。

詳細を見る

厳選した鶏の味わいを堪能

提供しているのはこんなお店!  

鶏スープ専門店として再出発するにあたり、出会ったのが「那須御養鶏」。「うま味やコクが今までの鶏と違う」と大関店長。

詳細を見る

リニューアルしました!新潟ラーメンガイド

新潟ラーメンガイド

バックナンバーはこちら

グルメにおでかけ!Komachi、WEEK!に掲載された特集の一部をご紹介♪

ほかの特集を見る

What's New

プレゼント